」タグアーカイブ

野生の感と釣り

人間の釣りと野鳥の漁

以前から感じていたことだが、今回の釣行で改めて実感したことがある。

磯や防波堤にはカラス、トンビ、ウミネコといった鳥たちがいる。この中でトンビが鳴きながら空を舞っている日は釣果が良い。記憶をたどる限りボーズだったという日が無いのだ。

なぜトンビなのかと言えば、 カラスやウミネコが人の持っている食べ物や撒いた餌(オキアミ、イソメ等)を食べようと群がってくるのに対して、トンビは海に泳ぐ魚を上空から観察し素早い動きで捕獲するだけでなく、釣り師が釣った魚も奪おうと虎視眈々と狙っているからだ。

私にとって釣りは遊びだが、トンビにとっては魚は貴重な主食であり漁だから必死である。魚が獲れない日に無駄に体力を使う訳にはいかないだろうから、釣れない日は姿を見せない。つまり、トンビは魚の活性が高い状況=釣れる日を見極めているのである。野生の持つ鋭い感ってやつかもしれない。

基本、鳥は釣り師にとって迷惑でしかない。カラスは持参した弁当や餌を漁るし、ウミネコ(実際は違うかもしれないがよくいる白い鳥だ)はナブラの目印にはなるが磯釣りでは撒き餌を啄み魚を警戒させるばかりか、風が強い日はハリに掛かることもあり邪魔者でしか無い。鳶も似たようなものだが、釣れる指標になるところはありがたい。


この日は午前中まで半日以上渋かったが、トンビがいたので釣れると信じて我慢した結果、そこそこ満足するメジナを釣ることができた。

時合は鳥に聞け

知らない釣り場に行くと、地元の長老達のアドバイスが何より頼りになるし、安心する。

「ここはね、5時頃になるとアジが回ってくるよ。」

「そこで、もう少しやっててみな。メジナが湧いてくるから。」

本当にそうなるから凄い。自然相手だから長い経験が何よりも勝る。

でも誰もいない場所や、時合を見極めるには鳥に聞くのがいい。

回遊魚狙いにはナブラやそれを追う鳥の群れ(いわゆる鳥山)が最高のサインであることは誰でも知っている。でも、それ以外の鳥もちゃんと釣りに有効なサインを出していると感じる。

釣り場にはトンビやサギがいる。彼らが釣師の周囲に群がる時は、型はともかく釣れることが多い。彼らは上空から魚の状況を見極め、我々が釣れることを予見し、釣った雑魚を頂くチャンスを待っていると思われる。

実際、釣れない時間は彼らの姿がほとんどなく、釣れ始める時間になるとどこからともなく飛来し、いつのまにか我々の周囲でちゃんと待っている。

鳴き声もきっと意味があるようで、

「こいつら釣るから集まれ~」と仲間に声掛けしているに違いない。

周囲の人が釣れだして自分が釣れないと、

「ねえ、まだ?」

「釣れないの?アンタ下手だねぇ」

と言われているようでプレッシャーがかかる。

そしてようやくヒット!すると間合いをつめて近づいてくる。

「お!釣れたかい!小さいだろ、ソレくれよ。」

とつぶらな瞳でねだられる。

 

先日もまさにそんな感じだったので、感謝の意を込めて彼らに木っ端グレを贈った。