釣果」タグアーカイブ

名礁も潮が悪けりゃただの岩

タイトルの格言、誰が言ったか名言である。

未熟な技術は脚でカバー

ベテランに言わせるとあまり良いことではないというが、技術の無い自分は反応が悪いとすぐ場所を変える。もちろん自分なりに仕掛けやタナを工夫してのことだが、ダメだと思った時は我慢せず釣座を移動する。場合によっては車で磯そのものを変えることもある。

そんなことをしていたら時間が過ぎて時合も逃すことも想定されるが、ストレスの溜まる場所でやり続けるよりは自分にとっては気持ちが楽だ。フカセ釣りの重い荷物を担ぎ直して移動するのは大変だが、毎度違う新しい場所でやることが多いため、実績の無い場所で不安を抱きながら我慢するより、少しでも良さげな場所を探すほうが自分には向いている。実際、徒労に終わることもあるが、逆転釣果を得ることも多い。

以下のような場合は「釣れる感じ」がしないので諦める。

・釣座にたったもの当て潮だったり、思いのほか風が強くて釣りづらい場合。
・潮の流れが周囲の人に比べて明らかに不利な場合。
・2時間以上アタリが無い場合。
・フグやネンブツダイなどエサ取りが多くて対処できないと思った場合。

釣座の目利きが最大の技術

本来、最初の2つは竿を出す前に判断できなければいけない。上級者は海を見ただけで潮の流れを読み、地形や天候を総合的に判断して釣座を決める。一旦竿を出してからでは既に遅く、人気の磯なら移動しようにも釣り座が埋まってしまっているから圧倒的に不利になる。

通えば必ず釣れる

釣果を安定させるには同じ釣り場に通うのが一番。通うことで釣れている人のやり方や場所の特徴が把握できるから次回に活かせるし、ダメな日の見極めも早くなる。しかし、毎回違う場所で釣果を上げるのは前述の目利きができないと毎回ボーズになりかねないから事前の情報集めが重要となる。

釣果は潮が8割

プロの書いた本にもそうあった。プロ中のプロでも潮がダメならヒットは難しい。ただプロやトーナメンターのような上級者は残りの2割で素人と差をつける。良くない場所で素人が1匹なら3匹、素人が3匹なら10匹釣り上げる。

この日も側の先釣者は開始早々からガンガン釣り上げていたが、自分の釣座はどうにも潮の流で釣りづらくアタリもでなかったため、風が収まったのを機に移動したところ、すぐさまヒットした。

また先日釣行した堤防は特殊な潮で、一箇所しか釣れない癖のある場所だった。その日はボーズだったが次回につながる貴重な経験を得た。

時合は鳥に聞け

知らない釣り場に行くと、地元の長老達のアドバイスが何より頼りになるし、安心する。

「ここはね、5時頃になるとアジが回ってくるよ。」

「そこで、もう少しやっててみな。メジナが湧いてくるから。」

本当にそうなるから凄い。自然相手だから長い経験が何よりも勝る。

でも誰もいない場所や、時合を見極めるには鳥に聞くのがいい。

回遊魚狙いにはナブラやそれを追う鳥の群れ(いわゆる鳥山)が最高のサインであることは誰でも知っている。でも、それ以外の鳥もちゃんと釣りに有効なサインを出していると感じる。

釣り場にはトンビやサギがいる。彼らが釣師の周囲に群がる時は、型はともかく釣れることが多い。彼らは上空から魚の状況を見極め、我々が釣れることを予見し、釣った雑魚を頂くチャンスを待っていると思われる。

実際、釣れない時間は彼らの姿がほとんどなく、釣れ始める時間になるとどこからともなく飛来し、いつのまにか我々の周囲でちゃんと待っている。

鳴き声もきっと意味があるようで、

「こいつら釣るから集まれ~」と仲間に声掛けしているに違いない。

周囲の人が釣れだして自分が釣れないと、

「ねえ、まだ?」

「釣れないの?アンタ下手だねぇ」

と言われているようでプレッシャーがかかる。

そしてようやくヒット!すると間合いをつめて近づいてくる。

「お!釣れたかい!小さいだろ、ソレくれよ。」

とつぶらな瞳でねだられる。

 

先日もまさにそんな感じだったので、感謝の意を込めて彼らに木っ端グレを贈った。

 

 

 

 

魚が釣れない理由

チヌ(クロダイ)を求めてガイドブックに従い三浦方面に向かった。
やってきたのは神奈川の景勝50選にも指定されている立石にある地磯「梵天の鼻」。

tateisi

朝6時に来たが既に先客が左側の釣り座でウミタナゴとベラを釣っていた。
なので、右側の方へ移動していると背後から足早に近づいてくる人影。
地元のベテランらしい高齢の方だったが、挨拶もそこそこに「あそこでやっていいですか?」と聞いてきた。

たぶんそこがポイントなんだろうと思ったが、初めての場所だしダメとも言えなかったので「いいですよ」と応えた。
ベテランはすばやくポイントに竿を置いて場所を確保すると安心したのか、「俺はここに50年通ってるんだ。ここは狭いけど3人から4人入るんだよ」と言葉が饒舌になった。

絶好のポイント?らしき場所を先取りされたので、空いた場所で竿を落とした。
一投目で大きめなベラが掛かり、幸先の良いスタートを切ったと思ったが、、、その後はゴミが釣れるだけでアタリはゼロ。

隣のベテランはグレ(メジナ)をテンポよく上げ続けた。

でも、まあいいさ。俺はチヌ狙いだし・・・と粘っても反応が無い。

釣り座はわずか2mしか離れていないのに、釣り開始から4時間経つと釣果は歴然。

「ここはタナゴと木っ端グレしかつれないよ。チヌは昔の話さ。」と聞かされさらに戦意喪失。。

こうなりゃメジナでも何でも構わないとタナを変えたり、向きを変えたり、更にはベテランの反対側に移動して連投するもゴミとフグだけだった。

十分釣ったからなのか、それともヤケ糞ぎみの自分の心中を察したからなのか、ベテランは昼になると「ここでやるかい?」と声を掛けると、納竿しはじめた。

場所を変わり、竿を落とすと一投目で木っ端グレが喰いついてきた。その後2時間でグレが7匹。
わずか数メートルの差でこれほど釣果が変わる自然の不思議さ。

でも、最後までチヌは現れなかった。

魚が釣れない理由はシンプルで、エサを含めた「仕掛けが合っていない」か、「その場所に魚が居ない」かのどちらかだろう。だから仕掛けとエサを変えて釣れないなら場所を変えるしかない。魚を採るプロの漁師でさえ、魚群探知機を頼りに大海原を右往左往するのだから当然かもしれないが、気の長い人は釣れない場所を何故か変えようとはしない。

5月とは思えない日差しの強さと気温の中、早朝から釣っていると流石に疲れた。メジナもある程度釣ったので竿をしまっていると背後から若い男が、

「あそこでやっていいですか?」