競技」タグアーカイブ

グレ釣り大会に初参加

以前から一度は出てみようかと思っていた沖磯でのグレ釣り大会に意を決して参加してみた。興味はあったものの色々分からない点が多かったため参加するのを躊躇っていた。ところがある釣りチューバーの動画を見たことで「これなら自分が出ても大丈夫かも?」と出場するに至ったのである。

不安の多かった釣り大会

ここでいくつか自分が不安や疑問に思っていた点をまとめてみたい。同じ様な理由で大会に参加しようか迷っている方に参考になれば幸いである。

参加者は皆テスターのような達人なのか?

現在の平和卓也プロのようなフィールドテスター、もしくはインストラクターといった職業釣り師たちの多くはトーナメントで好成績を残した人たちが多い。そんなこともありグレ釣り大会はセミプロのような達人ばかりが集まるのかと正直ビビっていた。

しかし、実際はそんなことは無く誰でも気軽に参加できるゆるいイベントであった。確かにプロを目指しているような強者もいるが、そういう人はごく僅かで殆どは普通の釣り好きの集まり。ギラギラした二十代の強者というより釣り付きなシルバー世代のオッサンが目立つイベントだ。特に自分が参加した大会は予選なのでゆるい感じ。とはいえ磯釣りの競技人口は多く無いせいか常連が目立ち顔見知りが多いようだ。セミプロレベルの人はシード権を提げてセミファイナルか決勝で現れる。だから地磯でフカセ釣りを楽しんでいる人なら大丈夫だし、初心者だと場違いで恥ずかしいとかそういうこともまったくない。

普段の釣りと何が違うのか?

結論を言えば特に違いは無い。地磯釣りと沖磯釣りではかなりの点で異なるが、通常の沖磯の釣りとはそれほど特異なものはない。違う点を挙げるとすれば時間と場所の制限があることくらいだ。

時間制限

沖磯釣りは一般に5時頃に乗船して渡礁、お昼を回った午後1時くらいに迎えがくるのでそれまでに納竿して片付けをする。大会はその時間内で大会説明や磯割りの抽選があり、試合は前半と後半に別れ3時間x2の6時間で行われ、時間の管理は選手同士で行う。

これは結構忙しない。だから事前の準備が必要となる。磯に上がってからのんびり撒き餌を作る時間は無いので(作っいてもいいがライバルはさっさと釣り始めて釣果を挙げると焦る)乗船前に撒き餌はしっかり準備しておくことは最低限の備え。多くの人は釣具店や自宅で前日に混ぜているようだ。(その方が集魚剤が馴染むのだが、オキアミは水分が抜けてカピカピになる恐れがある)

因みに仕掛けは磯に上がってから作る人が多い。最初に決めた仕掛けはその日の状況によりすぐ変更することになるので何でもいいが、すぐキャストできたからといってそれほどアドバンテージは無いと思われる。

釣座の制約

どの磯に乗るかは乗船前に教えてもらえる場合とそうでない場合があるが、基本的に磯割りはその日の抽選で割り振られ好みの磯を選ぶことはできない。渡礁後はゼッケンの若い番号の人から好きな場所を選び、後半はその逆の順で大きい番号の人から選んでいく。ひとつの磯に大人数いると中間の番号の人は不利となる。これも公正な運営は選手同士に任されている。

審判がいて短時間で二名がガチンコ勝負をしている動画があるが、それは決勝戦の話。予選は時間にゆとりがあり審判もいない。

キーパーバッカンとブクは必須

大会はサイズと数をかけ合わせた重さで競う。通常25~30cm以上で3~5匹の総重量となる。魚は死ぬとすこし縮むと言われているので、ブク(空気ポンプ)を使ってバッカン(通常45cmのキーパーバッカン)の中で検量するまで活かしておくことが望ましい。普段の釣りならすぐ締めてクーラーボックスに入れる方が良いが道具としてはそこが違う。

船長と話をしてはいけない

話すと失格になる。ただし大会によりスタッフから情報が得られる場合もある。

コスパが高い釣り大会

セミファイナルへの選考は乗船した船ごとの上位2~3名だから賞品をもらうのは容易ではない。しかし、参加賞とくじ引きやじゃんけん大会で景品がもらえるので魚が釣れなくても手ぶらで寂しく帰ることは無い。

参加賞で多いのがシャツや帽子、タオル、バッグのほかステッカーなど。じゃんけん大会で勝てばバッカンや数万円のカタログギフトなど豪華な景品ももらえることもある。参加費は7000円くらいだが渡船料(平均5000円)を差し引くとコスパは案外高い。

 

このように特に気負う必要の無い釣り大会なのでぜひ参加してみはどうだろう。ただ地磯と沖磯ではかなり異なる点もあるので、沖磯未経験の人は大会前に下見を兼ねて一度沖磯釣りを経験することをオススメする。