磯釣り」タグアーカイブ

野生の感と釣り

人間の釣りと野鳥の漁

以前から感じていたことだが、今回の釣行で改めて実感したことがある。

磯や防波堤にはカラス、トンビ、ウミネコといった鳥たちがいる。この中でトンビが鳴きながら空を舞っている日は釣果が良い。記憶をたどる限りボーズだったという日が無いのだ。

なぜトンビなのかと言えば、 カラスやウミネコが人の持っている食べ物や撒いた餌(オキアミ、イソメ等)を食べようと群がってくるのに対して、トンビは海に泳ぐ魚を上空から観察し素早い動きで捕獲するだけでなく、釣り師が釣った魚も奪おうと虎視眈々と狙っているからだ。

私にとって釣りは遊びだが、トンビにとっては魚は貴重な主食であり漁だから必死である。魚が獲れない日に無駄に体力を使う訳にはいかないだろうから、釣れない日は姿を見せない。つまり、トンビは魚の活性が高い状況=釣れる日を見極めているのである。野生の持つ鋭い感ってやつかもしれない。

基本、鳥は釣り師にとって迷惑でしかない。カラスは持参した弁当や餌を漁るし、ウミネコ(実際は違うかもしれないがよくいる白い鳥だ)はナブラの目印にはなるが磯釣りでは撒き餌を啄み魚を警戒させるばかりか、風が強い日はハリに掛かることもあり邪魔者でしか無い。鳶も似たようなものだが、釣れる指標になるところはありがたい。


この日は午前中まで半日以上渋かったが、トンビがいたので釣れると信じて我慢した結果、そこそこ満足するメジナを釣ることができた。

名礁も潮が悪けりゃただの岩

タイトルの格言、誰が言ったか名言である。

未熟な技術は脚でカバー

ベテランに言わせるとあまり良いことではないというが、技術の無い自分は反応が悪いとすぐ場所を変える。もちろん自分なりに仕掛けやタナを工夫してのことだが、ダメだと思った時は我慢せず釣座を移動する。場合によっては車で磯そのものを変えることもある。

そんなことをしていたら時間が過ぎて時合も逃すことも想定されるが、ストレスの溜まる場所でやり続けるよりは自分にとっては気持ちが楽だ。フカセ釣りの重い荷物を担ぎ直して移動するのは大変だが、毎度違う新しい場所でやることが多いため、実績の無い場所で不安を抱きながら我慢するより、少しでも良さげな場所を探すほうが自分には向いている。実際、徒労に終わることもあるが、逆転釣果を得ることも多い。

以下のような場合は「釣れる感じ」がしないので諦める。

・釣座にたったもの当て潮だったり、思いのほか風が強くて釣りづらい場合。
・潮の流れが周囲の人に比べて明らかに不利な場合。
・2時間以上アタリが無い場合。
・フグやネンブツダイなどエサ取りが多くて対処できないと思った場合。

釣座の目利きが最大の技術

本来、最初の2つは竿を出す前に判断できなければいけない。上級者は海を見ただけで潮の流れを読み、地形や天候を総合的に判断して釣座を決める。一旦竿を出してからでは既に遅く、人気の磯なら移動しようにも釣り座が埋まってしまっているから圧倒的に不利になる。

通えば必ず釣れる

釣果を安定させるには同じ釣り場に通うのが一番。通うことで釣れている人のやり方や場所の特徴が把握できるから次回に活かせるし、ダメな日の見極めも早くなる。しかし、毎回違う場所で釣果を上げるのは前述の目利きができないと毎回ボーズになりかねないから事前の情報集めが重要となる。

釣果は潮が8割

プロの書いた本にもそうあった。プロ中のプロでも潮がダメならヒットは難しい。ただプロやトーナメンターのような上級者は残りの2割で素人と差をつける。良くない場所で素人が1匹なら3匹、素人が3匹なら10匹釣り上げる。

この日も側の先釣者は開始早々からガンガン釣り上げていたが、自分の釣座はどうにも潮の流で釣りづらくアタリもでなかったため、風が収まったのを機に移動したところ、すぐさまヒットした。

また先日釣行した堤防は特殊な潮で、一箇所しか釣れない癖のある場所だった。その日はボーズだったが次回につながる貴重な経験を得た。

最も悔しい釣行

釣果は場所でほとんどが決まる。

同じ場所に通い続ければ自ずとポイントが分かってくるが、初めての場所でも見定められるのが上級の技術といえる。
しかし自分にはその技術が無いから、ひたすらネットや釣具店で情報を集めるしかない。
だが、今回の釣行はあまりに遠方で、しかも急遽の渡船だっただけに情報が少なすぎた。

その結果、今までで最も悔しい結果となってしまった。

急遽の予定変更

場所は兵庫県淡路島の離島「沼島」
当初は沖に突き出たメガフロートという管理釣り場でアジでも狙う予定だったのだが、釣果が芳しくないということで、黒鯛が数釣れているという沼島への渡船に変更した。

誰でも二桁狙えるほど釣れていると聞き、それなら黒鯛に縁の薄い自分でも釣れるのではと期待して行ったが結果は惨敗だった。

 

情報不足の沖磯

船長の言われるままに降ろされた磯には自分以外は二名の常連。
初めての知らない場所なので、自分はとりあえず深さのある船着き場に釣り座を取り、常連は自分の左右に構えた。

黒鯛が最初にヒットしたのは自分だったが、バラしてしまいそれ以降は黒鯛のアタリがまったく無くなった。常連たちは長らく竿が静かだったが、最終的には各3枚上げた。これはこれで悔しい。

 

規則違反の地元師

しかし、それだけなら、まあ仕方が無いと諦められたのだが、問題は途中からやってきた地元師の爆釣を見せつけられたことだ。

自分たち三人が苦戦している最中に背後の崖からロープを伝って降りてきた老齢の地元師は、奥まった浅場に釣り座を取ると、我々の貧果を尻目に黒鯛をバンバン釣り始め、挙げ句はなんと50オーバーの石鯛まで釣り上げたのだ。しかも1.5号の細ハリスでである。

自分が貧果を嘆いていると、
「沈み根がある、お宅のいるそこが一番良いところなんだけどね~」と言う。

それでまたしばらく粘ったが、いよいよ我慢できずに地元師より奥の釣座に移動しようとしたら、
「そこは浅いからだめだよ。」と助言めいたことを言ったので諦めたが、実はウソだった。

 

釣りは情報戦

後から別の磯で釣っていた常連に聞いたところでは、その地元師の場所が一番良い場所だったという。しかも、地元師が地伝いに降りて来たのは規則違反で、そこでは渡船の客以外は竿を出してはいけないことになっていたのだ。

「そんな奴、追い出せばよかったんだよ」とは常連。

時既に遅しである。

地元師は、いかにも空いていた場所にしょうがなく入釣したように振る舞っていたが、
内心「こいつら、何も知らね~んだな。へへへ」とほくそ笑んでいたに違いない。

 

地元師が来なければ釣座を変えて自分がその釣果にありついたかもと思うと残念でならない。
気軽にリベンジができる場所でない故に悔しくて仕方ない。