磯釣り」タグアーカイブ

最も悔しい釣行

釣果は場所でほとんどが決まる。

同じ場所に通い続ければ自ずとポイントが分かってくるが、初めての場所でも見定められるのが上級の技術といえる。
しかし自分にはその技術が無いから、ひたすらネットや釣具店で情報を集めるしかない。
だが、今回の釣行はあまりに遠方で、しかも急遽の渡船だっただけに情報が少なすぎた。

その結果、今までで最も悔しい結果となってしまった。

急遽の予定変更

場所は兵庫県淡路島の離島「沼島」
当初は沖に突き出たメガフロートという管理釣り場でアジでも狙う予定だったのだが、釣果が芳しくないということで、黒鯛が数釣れているという沼島への渡船に変更した。

誰でも二桁狙えるほど釣れていると聞き、それなら黒鯛に縁の薄い自分でも釣れるのではと期待して行ったが結果は惨敗だった。

 

情報不足の沖磯

船長の言われるままに降ろされた磯には自分以外は二名の常連。
初めての知らない場所なので、自分はとりあえず深さのある船着き場に釣り座を取り、常連は自分の左右に構えた。

黒鯛が最初にヒットしたのは自分だったが、バラしてしまいそれ以降は黒鯛のアタリがまったく無くなった。常連たちは長らく竿が静かだったが、最終的には各3枚上げた。これはこれで悔しい。

 

規則違反の地元師

しかし、それだけなら、まあ仕方が無いと諦められたのだが、問題は途中からやってきた地元師の爆釣を見せつけられたことだ。

自分たち三人が苦戦している最中に背後の崖からロープを伝って降りてきた老齢の地元師は、奥まった浅場に釣り座を取ると、我々の貧果を尻目に黒鯛をバンバン釣り始め、挙げ句はなんと50オーバーの石鯛まで釣り上げたのだ。しかも1.5号の細ハリスでである。

自分が貧果を嘆いていると、
「沈み根がある、お宅のいるそこが一番良いところなんだけどね~」と言う。

それでまたしばらく粘ったが、いよいよ我慢できずに地元師より奥の釣座に移動しようとしたら、
「そこは浅いからだめだよ。」と助言めいたことを言ったので諦めたが、実はウソだった。

 

釣りは情報戦

後から別の磯で釣っていた常連に聞いたところでは、その地元師の場所が一番良い場所だったという。しかも、地元師が地伝いに降りて来たのは規則違反で、そこでは渡船の客以外は竿を出してはいけないことになっていたのだ。

「そんな奴、追い出せばよかったんだよ」とは常連。

時既に遅しである。

地元師は、いかにも空いていた場所にしょうがなく入釣したように振る舞っていたが、
内心「こいつら、何も知らね~んだな。へへへ」とほくそ笑んでいたに違いない。

 

地元師が来なければ釣座を変えて自分がその釣果にありついたかもと思うと残念でならない。
気軽にリベンジができる場所でない故に悔しくて仕方ない。

身の毛もよだつ磯釣りの事故

ついに海に落ちた。

ええ、落水ってやつです。

しかし、こうしてブログを書いているので無事です。

海難救助のお世話にはなっていません。

事の経緯は下の動画を見て頂くとして、、

磯で滑って軽くザブンっといった程度で済んだのはラッキーでした。

次はこの程度では済まないぞと身の引き締まる思いです。

凪で低い磯だからと安心していると・・

 

今回はズルっと行っただけだが、磯の場合は岩で怪我をすることも多い。


このような動画は結構ある。

海は凪でも関係ない。

磯の岩はヤスリのようだったり、刃物のように皮膚を裂く鋭さもあり、足場は不安定。
転んで頭を打ったらただではすまない。

長時間の釣行では、疲労や気の緩みで予想もしない事故にあうことも想定される。

 

ということで、ヘルメットを買いました。

石鯛師ではときどき被っている人を見かけるほか、釣りクラブでは着用を義務付けているところもあるとか。

最後に、これは釣りではないが、磯から落ちるとこんなに怖いという映像。


 
釣りをしていて滑るとこうなります。

釣り師あるある失敗談 道具編

釣りを始めて3年。釣りはお金がかかるという話は聞いていたが、これほどかかるとはやや想定外だった。
釣りの失敗はすぐお金の損出に直結するので、情報や知識はあればあったほうがいい。

ということで、これから釣りを始めようとする方、始めたばかりの方に自分が経験した、やや気恥ずかしさもある失敗や経験をご紹介する。

道具編

釣りをスポーツとするなら、これほど道具が多いスポーツはあまりないだろう。同じアウトドアスポーツにはスキーやスノボが挙げられる。それらも持っていく道具が多いが、数から言えば釣りの比ではない。道具を使うスポーツはメンテや紛失などでお金がかかる。靴とボールがあれば楽しめるフットサルなどの球技と違って財布に厳しい。道具は良い物に越したことはないが、品数が多すぎて最初は全部をブランド物にすることは難しい。かといって安物はすぐ壊れたり使い勝手が悪く、数回の釣行で買い換える羽目になることもしばしば。だから最初の道具選びや使い方を誤ると余計な出費になるので、つまらないミスはなるべく避けたい。

水くみバッカンはブランド物がオススメ。
釣り道具は風雨と紫外線に晒されるだけでなく、海水まみれにもなり、磯では鋭い岩肌にも接触するこの上無い過酷な状況下で使用される。ゆえに日常ではあり得ないほど早く劣化する。
水くみのバッカンって安物もかなり多く出回っていて、水を汲むだけだからとチャチなものを買うといざという時に使えなくて後悔する。水くみバッカンは釣りの必需品。キャッチアンドリリースのルアーゲームでは不要かもしれないが、餌釣りでは竿やリールと同等に重要なアイテム。釣った魚を入れるだけでなく、撒き餌を作るとき、手や用具を洗うとき、コマセで汚した場所を洗い流す時などいろいろ使う頻度が高い。自分は安物をつかっていたら、ある時ロープの付け根が突然切れて海にボチャン。
シマノやダイワなら良いという訳ではないが、安物はすぐダメになる危険があるので、お店の人に聞いてみてしっかりした物を選びたい。今自分が使っているのはダイワだが、容量が小さ過ぎて何度も汲まなければならないのが難点。今度はもう一回り大きいものを思っているが、子供が使う時は要注意。水を汲んだバッカンは思いの外重いもので落としてしまう子もいるからその点も注意が必要だ。

穂先のトップカバーは忘れずに
移動時には竿の穂先を守るトップカバーは必ず付けるようにしたい。釣りを始めた頃、横着して付けずに歩いていたら竿先を下に向けてしまった瞬間に竿が伸びてトップが地面にゴツ!見事に竿先のガイドが折れました。しかも2本まとめて。。

釣れなくても玉網は手元に用意
今日は釣れそうに無いと思ってタモを手元に用意していない時に限って大物が掛かったりする、ということは多くの人が経験しているに違いない。でも、ターゲットにもよるが、釣り人は大物が掛かることを願って竿を出す。最初から雑魚や小物を狙っている人はあまりいない。であるならば、万が一釣れてしまった場合・・・いや、万にひとつの可能性を信じて万全を尽くそう。掛けてからタモが無くて慌てても遅いのだから。

磯釣りにはチャランボとペグがあると安心
足場の高い磯なら不要だが、ウネリのある荒れた日や満潮時に波が這い上がってくるような場所での磯釣りにはチャランボというピトンが必須だろう。自分はこれを持っていなかったためにバッカンを2回流された。伸長式になっていて波が高い時に撒き餌のバッカンを掛けたり、岩肌で竿を傷つけないように掛けておくことができる。撒き餌のバッカンは流されないまでも波を被ってしまうとコマセがダメになるので掛けておいたほうが安心。また、自分は経験が無いが、万が一高波に襲われた時にもチャランボに掴まったことで難を逃れたという話も聞く。
ペグもスカリや水くみバッカンを繋ぎ止めるのに使える。

スパイクブーツはより良いものを
足場が悪くて滑りやすい磯ではスパイクブーツが必須。とりあえずホームセンターでも売られているような数千円のものを使ったら、ソールが薄いため脚が疲れるし、冬場は冷えて大変だった。さらに藻が生える時期はスパイクだけでは滑ってとても危険で、フエルトスパイクがオススメ。それでも滑る場合もあるが、安物のスパイクだけは避けたほうが良い。