真鶴」タグアーカイブ

寒グレ最終日はボーズから一転、好釣果で飾る。

激渋の三月

三月中旬の西湘。

一年で最も水温が低くなる3月の釣りは毎年むちゃくちゃ渋い。

だから釣果を求めて磯釣り師は沖磯や離島に脚をのばす。

でも、予算が無いから地磯で耐えるしかない。

地磯では一日粘ってなんとか1枚上げるのが精一杯なのが例年のパターン。

 

ボーズ喰らい戦意喪失

その前の週は三浦の地磯で完全ボーズをくらった。

早朝から日没までやっても何一つ掛からない、まったくアタリのない消耗戦だった。

だから、今回は行くかどうか、当日の朝まで迷った。

 

エサの選定ミスが命取り

三月なのに、初島と同様エサ取りが多いのが珍しかった。

しかも、隣の先釣者の竿は大きくしなり、良型オナガをヒットさせたから

魚の活性は悪くない。

だが、自分が用意した今回のエサがパン粉の練エサと、アオサだからなのか、

まったく喰わない。

今回のエサはオキアミがアタリらしい。

初島ではアオサだったのに・・・なかなか上手くいかないものである。

今回もボーズの悪寒。

と、ほとんど諦めかけていたところ、

親切な先釣者がオキアミを分けてくれた。

一転、爆釣タイムに

そうしたらどうだろう、

先程の無反応が嘘のように、爆釣モードになったではないか。

しかも、ほとんどが尺以上。

この日の最大は36cm、なかなかの良型だ。

途中、アオサに戻してみたが、やはり喰わなかった。

 

一人ならボーズ

結局、終わってみれば6枚のお土産に大満足の釣果だった。

唯一点、残念なのは持参のエサで釣れなかったこと。

一人で釣りをしていたら、このヒットは無かった訳で、

エサの選定ミスでこの日もボーズだったに違いない。

 

水深のある釣座の難しさ

この日の釣座はいつもと違う初めての場所で、

10m以上の水深があり、潮がぶつかる複雑な所だった。

そのためタナが深く、仕掛けも馴染みにくいため、

練りエサではタナに届く前にエサ取りに喰われたか、

溶けたと思われる。

アオサについては仕掛けが軽すぎてタナに届かなかったか、

冷凍したために味が落ちてダメだったのか、理由は決めかねる。

 

次回はアオサで釣果を出したい。

 

 

 

ちょっとした知識が釣果を左右する冬のメジナ釣り

前回の雪辱を一応果たした。
一応というのは、型は小さくベテランの40UPには遠かったものの、連続ボーズは回避できたから。

今回は長潮のせいか、釣り人が少なく、好きな場所に入れた。

・・・が、風が強く波を時折被る悪条件だった。

「今日は絶対釣るぞ」と意気込んで磯に入ったので、波しぶきを被りながらも粘った。

この時期は水温が低くて底にしか居ないから、棚を決めて最初から沈めた方がいいよ

前回ベテランから受けたアドバイスだ。

今回も最初は0号の全遊動で探ったがやはり感触は無かった。それでアドバイス通りガン玉Bで落とし込んだ。

しかし、それでも渋い。

そこで1号で一気に沈めると足裏が来た。

型は小さいが感無量だった。
そして更なるサイズアップをめざしたが、波風が止む気配が無い。

一発上げて余裕ができたので、磯を変えることにした。
すると一投目で尺サイズのヒット!

ちょっとした仕掛けの違いでボーズとなるか、一発が出るかの明暗が分かれる。

何かしたらこうなった、という明快な結果が付いてくると釣りは楽しい。

腕の差がでる冬の釣り

2月になって水温が下って釣りが難しくなってきた。
水温は気温より1ヶ月以上遅れるので、これから4月になるまで渋い釣りが続くことになる。

先週、先々週と2週続けてボーズを喰らった。
特に先週のメジナ釣りは悔しかった。
渋いながらも自分以外の釣り師は良型をあげていたからだ。

朝釣り場に着くと良い場所は塞がっていたので半日は忍の一文字だと覚悟していたが、
夕マヅメ近くに場所が空いて喜んで場所替えしたものの、まったく反応無し。朝から釣っていたベテランと、その脇で昼過ぎから釣っていた人はそれぞれ40オーバーと尺を揚げていたが自分はアタリすらなく餌も残ったまま。

そこで数時間粘った挙句、日が暮れたので諦めて納竿したが、
なんとその後に入った人が、これまた40オーバー!

くぅ~~やしいぃ!

自然と対峙し、自然を愉しむのが釣りだから「他人と比較してはならない」
アドラーの教えでもあるが、まざまざと違いを見せつけられると内心は穏やかではいられない。

冬の釣りは腕の差がでるわ・・・更なる精進と新たなリベンジに燃えました。