相模川」タグアーカイブ

工事で環境が変わった相模川

釣りの情報誌に相模川でのクロダイ釣りが特集されていた。相模川河口はよく釣れる場所として有名でキビレを含めて実際に釣っている人も見かけたことはあるが、今回初めてクロダイ狙いで釣行した。

GWも終わり、小雨がぱらつく日だったこともあり釣り人の姿はまばらだったものの、皆クロダイ狙いだった。しかし、この日は全員ボーズ。大潮で適度な濁りもあったので期待したがまったくアタリが無く、やたらボラの活性だけが高かった。聞けば今年の3月くらいは良かったらしいが、ここ最近はまったくダメだという。釣れたという時期と雑誌の取材時期とが符合するから、雑誌のネタはガセではなさそうだ。

雑誌の記事にはタイムラグがあるから、それを元に釣行しても期待外れになることが多いと言われるが、今回の不調は単に時期的なものだけでもなさそうだ。後日別の常連の話によると、写真にあるように離れの防波堤から手前の半分が砂で堆積して流れが塞がってしまってから釣れなくなったという。

これは恐らく昨年に行われた河口付近の堤防の改修工事がその原因と思われる。改修と言っても、素人目には遠くに見える対岸の壊れかけた防波堤を直しただけに見える。たったそれだけで流れが変わりこうも変わってしまうのは驚きだった。思えば巨大な海上ショベルが停泊してガリゴリ川底を引っかきながら作業していた。あれで川底の環境が変わらないはずがない。

先週江ノ島付近で話題となった赤潮も護岸工事などが要因のひとつと言われるが、人間のちょっとした作用によって自然、とりわけ生物の生態系が大きく変わることを改めて実感した。

現在も工事が進められ、今後は海に突き出た防波堤を延長する工事がなされるようだ。

 

新春釣行と箱根駅伝

明けましておめでとうございます。

新年を迎えて最初に向かったのは平塚海岸。
ちょうど箱根駅伝もあり、普段はガラ空きの駐車場もこの日は満車。早めに出たので自分は難なく入れられたが、ちょっと遅かったら厳しかった。

年末の釣行(豊洲)で余ったイソメを使ってテキトーに投げてみたら、シロギスが3匹もヒット♪
大きさも20cmはあり、なかなかの型でした。

「テキトー」というのは針はグレ針の5号でハリスは1.5号、ロケットオモリでぶん投げただけなので、底の魚が何か釣れればという感じだったから。近くで竿だしていたシロギス狙い(?)のベテランが「噂を聞いて来てみたが全然釣れねぇ」とぼやいていただけに、意外な釣果で大満足の新春釣行となった。

シロギス

餌が少ししか無かったのと、駅伝も見たいという欲張り釣行だったので、3匹釣って納竿。
事前に選手が通過する時間を調べていたのでベストタイミングだった。スマホのradikoで実況を聞きながら道具をすばやく畳んでいざ湘南大橋へ。

しばらくするとトップランナーの青学の選手が走ってきた。

箱根駅伝の青山学院

なんか余裕しゃくしゃくで流している感じ。

一方、3位に入った駒沢大学の選手は片腹を押さえて苦しそう。

駒沢大学 箱根駅伝

後ろから追うワゴン車の監督がもの凄い激を飛ばしていた。後から調べたら厳しい名物監督だそうで・・・。

選手もキツイだろうね。。
ということで、

初めての駅伝観戦と納得釣果で良い年を迎えられました。

二回バラすと凹む

気温15度、風速5mの中の出勤前の朝マズメ。
さすがに寒く、フリースの上にウインドブレーカーでもブルった。
海水温は20度なのでぬるま湯のように感じた。

久々に相模川河口の突端で竿を出す。先客のベテランはシロギスをゲットしていた。
自分は例のごとく落とし込み。

ツンツン、コンコン・・グイグイ・・

何か居る!ココロが弾む。

でもなかなか掛からない。

そして・・・コンコン・・ギュー

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!、

が。。

やっと掛かったと思ったら水面直下でバレてしまった!20cm前後のセイゴらしき魚影・・・残念!

その後は何度やっても掛からない。

ポイントを変えると再び・・

ツンツン・・ツンツン・・ググッ・・・

お!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

平たい魚影・・メッキか!?

しかし、またしても水面直下で

スカッ・・・・・・・・無念。

いかん。。もう出勤時間

 

久々にボウズorz