湘南」タグアーカイブ

真夏のヘチ釣りで奇跡が起きた

黒鯛日和な湘南

西日本で大変な豪雨災害をもたらした後の湘南は、好天が続いたものの風が強く、潮も濁りぎみでシロギス釣りには不向きな日が続いていた。

その日は市街地で既に幟が勢いよくはためいていて風が強そうだった。
釣具店でも「最近はシロギスはほとんど釣れてない」という。
それでも日を選べない休日釣り師は無理して海へ向かった。

 

すると、やはり風が強く、潮も濁って釣りにならない。2~3投して早々に撤収。
こんな日は何を狙うのがいいのか、竿を出している人を見てると黒鯛が釣れている。
しかも、かなり型が良い。釣法はヘチとか、前打ちと呼ばれるガン玉と針だけのシンプルな落とし込みだった。タックルは太鼓リールと呼ばれる専用のリールが唯一の特徴。

自分はあまり黒鯛に縁が無いことは以前書いた。
しかし、それゆえ黒鯛への憧れも強い。

釣っている人の様子を観察し、

よし、「来週はヘチで黒鯛釣りだ。」と太鼓リールを買いに釣具店に向かった。

 

ヘチ釣り初挑戦

次の週、勇んでポイントへ向かった。
気象状況は先週と同じだった。これでベタ凪で澄み潮だったらガックシ。シロギス釣りの方がいいわけだが、同じ条件だったので期待度はMAX!

 

早速、事前に採取したイガイを付けて落とし込んでみたが反応が無い。
いままでコマセで魚を寄せるフカセ釣りでもなかなか釣れなかった黒鯛だけに、やはり貝ひとつでそう簡単に釣れるはずもないよな・・・となかば諦めながらポイントを探っていると。。

 

いきなり年無し50UP

来ました!

しかも、50cmの年無がいきなり食ってきた。
イガイを落とし込んだだけの簡単な仕掛けで自己新記録をあっさり更新してしまい、あっけに取られた。

そして、何と、さらに47cmも続いた。マジか・・・・。

 

オイオイ、こうも簡単にあっさり釣れてしまうと、次は60しか無いではないか。。

40オーバーの黒鯛は数年前に1度上げただけ。黒鯛はトータルで2~3匹しか釣ったことがない。

今までの苦労はなんだったのか?

お金を掛けて大量のコマセを撒いて苦戦したフカセ釣りがバカバカしく思えるほど、あっけなく簡単に黒鯛が釣れたヘチ釣りは衝撃的だった。

 

二週続けてイシガキダイと出会う

10月7日、長潮。
台風が太平洋を北上しているため海上は風が強く、うねりも2.5mとの予報。
しかもこの日の朝は干潮にあたるため釣り人が少ない。

こういう日は気合を入れずに湘南を流していこうと、まずは茅ヶ崎港。
朝6時、意外と波は静か。とりあえずはカニをゲットしようとテトラを覗くと、潮が引いているためか姿が見えない。それならばとブラクリで探ってみた。すると、いきなり強い引きが!デカいカサゴ!?

上がってきたのは・・・なんと!

イシガキダイ

おお!先週チョイ投げ師が大磯で釣っていたイシダイの親戚「イシガキダイ」ではないか。
小さいのでシガテラ毒の心配はなさそうだが、食べる勇気が無いのでお帰り頂いた。

なんか最近は一発目が出ても続かないことが多く、穴釣りはこのイシガキダイ一匹。
おもしろい引きを楽しませてくれたからいいのだが、もう少し遊んでほしい。

大磯港

続いて移動してきたのが先週と同じ大磯。
相変わらず人が多いが、ここはゲンが悪く未だ釣果に恵まれない場所。今日は取材がてらチョイ投げとブラクリでやってみた。
・・・が、やっぱ渋い。周囲の釣果も木っ端メジナかチビアイゴといったところ。駐車料金が高いのでさっさと切り上げて、最後は早川へ。

早川は昨年の夏、釣りにハマりだして通い始めた思い出の地。アオリイカでは人気だが、小魚が多いので最近はご無沙汰していて久々に来てみた。

早川

常連らしきベテランがウキ釣りをしていたが、ここも木っ端メジナとチビアイゴのようだ。
自分は青イソメで落とし込んだり、チョイ投げしてみたが、掛かったのはコレ。

アナハゼ

ベテランに聞くと「アナハゼ」といい、『ネコマタギ』らしい。
ハゼと言ってもカサゴの仲間らしく、食べると不味くは無いらしいが、見た目が毒魚っぽくて身が青白く食べる気がしない。
イソメが無くなってきたので、コイツで何か釣ってやろうと思ったが何も掛からず。

猫だけじゃなく、魚も喰わない魚だった。

タコ道も深かった

朝3時に家を出て向かった先はいつもの海。
朝日がきれいで太公望の他にカメラマンの姿もちらほら。

朝日

しかし今回は竿を持っていない。
代わりに手にするのはコレ。

タコテンヤ

タコを釣りにきたのだ。
以前からテンヤで釣っている人を見て興味を持ち、竿でエギを落としてわずか5分でタコを2本上げた強者のインパクトも忘れられず今回の初釣行となった。

ルアーのようなこのテンヤで際を探るだけで釣れるなら安上がりでイージーだと思ったのだが、実際はそう甘くなかった。他の人は生餌をテンヤに付けていて、根がかりでロスが多いこの釣りは自作でテンヤを作っていた。

生餌はカニを現地調達するのだが、これも自作の特殊な竿でテトラのカニを捕獲。テンヤは針をグラインダーで削り、オモリは紙粘土の型に鉛を溶かして成型するというこだわりようだった。

狭い釣り座には5人もタコ釣り師がひしめき、一夜漬けの知識の自分がとても釣果を上げられる状況では無かったので、早々に上がることにした。タコ釣り歴が比較的浅い人によれば、師匠に着いて始めてから釣れるようになるまで2ヶ月はかかったそうで、苦戦したウナギ釣りを思い出す(-_-;)

仕掛けが単純で簡単そうに見えてどの釣りも奥が深い、深すぎる。