渡船」タグアーカイブ

最も悔しい釣行

釣果は場所でほとんどが決まる。

同じ場所に通い続ければ自ずとポイントが分かってくるが、初めての場所でも見定められるのが上級の技術といえる。
しかし自分にはその技術が無いから、ひたすらネットや釣具店で情報を集めるしかない。
だが、今回の釣行はあまりに遠方で、しかも急遽の渡船だっただけに情報が少なすぎた。

その結果、今までで最も悔しい結果となってしまった。

急遽の予定変更

場所は兵庫県淡路島の離島「沼島」
当初は沖に突き出たメガフロートという管理釣り場でアジでも狙う予定だったのだが、釣果が芳しくないということで、黒鯛が数釣れているという沼島への渡船に変更した。

誰でも二桁狙えるほど釣れていると聞き、それなら黒鯛に縁の薄い自分でも釣れるのではと期待して行ったが結果は惨敗だった。

 

情報不足の沖磯

船長の言われるままに降ろされた磯には自分以外は二名の常連。
初めての知らない場所なので、自分はとりあえず深さのある船着き場に釣り座を取り、常連は自分の左右に構えた。

黒鯛が最初にヒットしたのは自分だったが、バラしてしまいそれ以降は黒鯛のアタリがまったく無くなった。常連たちは長らく竿が静かだったが、最終的には各3枚上げた。これはこれで悔しい。

 

規則違反の地元師

しかし、それだけなら、まあ仕方が無いと諦められたのだが、問題は途中からやってきた地元師の爆釣を見せつけられたことだ。

自分たち三人が苦戦している最中に背後の崖からロープを伝って降りてきた老齢の地元師は、奥まった浅場に釣り座を取ると、我々の貧果を尻目に黒鯛をバンバン釣り始め、挙げ句はなんと50オーバーの石鯛まで釣り上げたのだ。しかも1.5号の細ハリスでである。

自分が貧果を嘆いていると、
「沈み根がある、お宅のいるそこが一番良いところなんだけどね~」と言う。

それでまたしばらく粘ったが、いよいよ我慢できずに地元師より奥の釣座に移動しようとしたら、
「そこは浅いからだめだよ。」と助言めいたことを言ったので諦めたが、実はウソだった。

 

釣りは情報戦

後から別の磯で釣っていた常連に聞いたところでは、その地元師の場所が一番良い場所だったという。しかも、地元師が地伝いに降りて来たのは規則違反で、そこでは渡船の客以外は竿を出してはいけないことになっていたのだ。

「そんな奴、追い出せばよかったんだよ」とは常連。

時既に遅しである。

地元師は、いかにも空いていた場所にしょうがなく入釣したように振る舞っていたが、
内心「こいつら、何も知らね~んだな。へへへ」とほくそ笑んでいたに違いない。

 

地元師が来なければ釣座を変えて自分がその釣果にありついたかもと思うと残念でならない。
気軽にリベンジができる場所でない故に悔しくて仕方ない。

荒れた沖磯で痛恨のボーズ

またしても腕の差を見せつけられた。

陸っぱりでは最も釣果の厳しいこの時期、沖磯ならばと奮発して茅ヶ崎の渡船に乗った。

しかし、前日から波が高い日が続いていたものの、天気予報に反して波高が高く、しかも急に寒気が入って真冬の寒さに逆戻り。

この悪条件で乗れた磯はエボシ岩のある本島のみ。
狭い岩礁に20名以上のベテランがひしめく中、ポイントを知らないビギナーは大苦戦。

自分がまだ仕掛けもセットできないうちから、常連がクロダイをさっさと釣り上げるのを見せつけられ、内心穏やかではいられない。寒さに震えながら、ポイントを探すも大荒れの中では場所が限られ、良い場所はあっというまに塞がっていた。

陸っぱりならゆっくり行脚してポイントを探し、仕掛けもゆっくり試していくのだが、帰りの便が決まっている渡船ではそうもいかない。

そうこうしているうちに10時を回ると予報より早く雨も降り出し、突風で運ばれた花粉で目はぐじゅぐじゅ。

これほど寒くなるとも予想していなかったので、薄着だったため雨が染みこみ激震。

仕掛けを投じるも激しい波に根掛かりしまくり、ウキは2個もロスト。さらに追い打ちをかけるようにチャランボをもっていなかったため、バッカンが波にさらわれ万事休す。まさにふんだり蹴ったりで戦意喪失である。

結局、アタリすら感じることもなく早めの便で逃げてきた。