淡水魚」タグアーカイブ

初めてのバス釣り

真夏の釣り

毎年、夏のこの時期は釣り物に困る。イワシなどの小魚は釣果に困らないものの、グレなど上モノの大型は影を潜めてしまうし、釣れても磯臭くて美味しくない。そもそも炎天下の磯は地獄だしヌカカも多くて近づきたくない。砂浜は海水浴客やサーファーが多くてキスの投げ釣りは秋まで一休みだから、サビキ釣りが主体となる。

でも毎回サビキでは飽きる。何か無いかと思案した挙げ句、バスを釣ることにした。
元来、食えない魚(食って食えなくはないが‥)は釣っても面白くないと手を出さなかったが、何でもやってみるものである。これがなかなか面白かった。

 

タックルはエギングロッド

とはいえ、限られた予算で釣りを楽しんでいるため、あれもこれもと道具を買い揃える訳にはいかず、使い回しが基本となる。今回は知人から頂いたエギングロッドで試してみた。バスロッドよりも長くて硬いため、多少使いづらいが何とかキャストできた。

仕掛けも適当ワーム

お店に行くと目が回るほど多彩なワームにどれを選んでいいかさっぱり分からない。ロッドももらいものでスペックが分からない上にエギング用だから店員に相談するのも気が引けて目についたリグとミミズのようなワームをチョイスした。

 

ビギナーズ・ラック

何でも初めての魚種が釣れたときは感動する。
いろいろな釣りに手をだすから万年ビギナーな訳だが、自分は運がいい。

ビギナーズラックという言葉あるが、今年の春に始めたエギング、ヘチ釣り同様に、始めて早々に目的を達した。

こんな簡単に釣れるの?
そう思えるくらいにあっさり釣れてしまった。記録的な炎天下の中、超浅場でのヒットである。

適当に放ってダダ巻すると、水草の陰からバスが勢いよく飛び出してパクリ!

食えなくてもおもしれぇじゃねぇか!

釣ることが面白い、という釣りの原点を感じたヒットだった。