対策」タグアーカイブ

果報は寝て待て?エサ取り地獄は逃げるか、忍か。

真冬を除いて、撒き餌で集魚して釣るメジナ釣りにとってエサ取りは最も悩ましい問題だ。

プロでさえ苦戦するのだから、素人はいわんや。。

手段としてコマセによる遠近分離をよく聞くが、言うほど簡単ではない。

トーナメンターの平和卓也氏がアジ、キタマクラ、コッパグレなど魚種別の攻略法を解説していたが、自分が成功した試しはない。

検証はしていないが、遠近分離をするためには、エサ取りが腹いっぱいになるほどの大量の撒き餌が必要だろう。

1日で3kg、多くて6kgのオキアミしか使わない貧乏フカセ師には無理な話。中途半端なコマセは雑魚の養殖に来て終わる(TдT)

だから、他の手段をいろいろ考える。

まずは餌を変える。

時期と場所によるが、パン粉釣法。
パン粉だけで釣る人もいるが、自分は集魚剤を混ぜてつかう。いわゆる練りエサである。

結構釣れる時があり、オキアミと違って日持ちするのでコマセを消化せずに次回も使えるメリットもある。

デメリットは活性が低いと反応が悪く、軽いので鳥がついばみに集まってきてしまう点。

他には海苔。

良型が狙えるが釣れる数は少なく、近くでオキアミを撒かれるとアウト。

しかもアオサなどは春先しか採れないので、時期が限られる。
乾燥して保存する方法もあるが、面倒なのと生より喰いが悪い。

遠近分離ができず、餌もダメとなればどうするか。

場所を移動。

エサ取り地獄に限らず、釣れない時はこれがシンプル。

しかし、

エサ取りが猛威を振るう今の時期は少々磯替えしても同じ。

で、最後は。。。

寝て時合を待つ。

エサ取りが大人しくなる夕マヅメか日没後の半夜釣りに集中してアタックする。
その方がムダな撒き餌もしなくて済む。

ただし、時合のタイミングを逃すとボーズだから爆睡してはダメだろう。