城ヶ島」タグアーカイブ

外道でもデカければ熱烈歓迎

3月はもっとも水温が低く魚の活性が悪い。
初心者の自分ではなかなか数もでず、狙いが外れるとボーズになる。

今回は城ヶ島の四畳半に行ってきた。
しょっぱら数投目に掛かったのは60cm近い巨大なボラ。

高い釣座からは澄んだ水中がよく見えた。
ウキを注視していると何やら大きな魚影が近づいて来た。
次の瞬間、ズドンと重いアタリが来た。

必死にリールを巻いて魚を浮かせると激しく暴れた。
その姿は一見トチザメかと思われたが、すぐボラであることに気づく。

なんだボラか。ちょっとガッカリしたが、たぐり寄せると思いの外デカい。
荒れた波と高い釣座のため、玉網に入れるのも一苦労で、近くの人に手伝ってもらうほど。

巨大ボラ

検寸すると59cm!これまたチヌ以来の大型である。
しかし惜しい!あと1cmで60UPだったのに。。

ボラは臭いと言われるが澄んだ冬の三浦の海なので持ち帰り、洗いにして美味しく頂きました。

寒ボラの洗い

意地で持ち帰った19匹

久しぶりの城ヶ島、めざす磯は人気のヒナダン。
平日だから釣り人は少なめだが、朝6時でも先客はいた。

潮は中潮、サラシが程よく出た一級磯で期待大だったが、なんと昼近くまでボウズorz
水面にイワシのような稚魚が大量に湧いていて付け餌が木っ端にも届かず秒殺。釣れないのは仕方なくても、アタリが全くないのは辛い。

無反応な3時間が過ぎ、このままフカセを続けるとボウズで終わる危機感を感じ、イソメを胴付仕掛けで落とした。すると即アタリが来て20cmくらいのキュウセンがヒット、今回もベラちゃんが窮地を救ってくれた。

しかし、フカセに戻すとアタリは無し。結局最初のアタリが来たのは昼過ぎだった。
この日の天気予報は夕方から夜にかけて雨だったが、早くも昼過ぎから小雨が降りだし想定外の悪状況。

その後もしばらくはアタリがイマイチだったが、14時を過ぎて波が荒れ出した頃から状況が一転爆釣モード。
グレとウミタナゴとは言え、釣れたのはいつもの木っ端で最大でも25cm。でも大きめのウミタナゴが釣れたは良かった。

ウミタナゴ
普段はリリースするサイズだが、5時間近く待たされた上に雨に降られ、おまけに途中で磯でつまずいて怪我するなどいろいろあったので、今回は意地で全部持ち帰り。(※キュウセンは途中で無くしてしまった)

これだけの魚を入れたスカリは重かった。駐車場から近い磯だが、腕はパンパンになり次の日は筋肉痛orz