三浦半島」タグアーカイブ

外道でもデカければ熱烈歓迎

3月はもっとも水温が低く魚の活性が悪い。
初心者の自分ではなかなか数もでず、狙いが外れるとボーズになる。

今回は城ヶ島の四畳半に行ってきた。
しょっぱら数投目に掛かったのは60cm近い巨大なボラ。

高い釣座からは澄んだ水中がよく見えた。
ウキを注視していると何やら大きな魚影が近づいて来た。
次の瞬間、ズドンと重いアタリが来た。

必死にリールを巻いて魚を浮かせると激しく暴れた。
その姿は一見トチザメかと思われたが、すぐボラであることに気づく。

なんだボラか。ちょっとガッカリしたが、たぐり寄せると思いの外デカい。
荒れた波と高い釣座のため、玉網に入れるのも一苦労で、近くの人に手伝ってもらうほど。

巨大ボラ

検寸すると59cm!これまたチヌ以来の大型である。
しかし惜しい!あと1cmで60UPだったのに。。

ボラは臭いと言われるが澄んだ冬の三浦の海なので持ち帰り、洗いにして美味しく頂きました。

寒ボラの洗い

ゴミと磯

三浦半島屈指の人気地磯「諸磯」に釣行。

この時期の釣り物は他の磯と同様にメジナ、ベラ、アイゴだが、深さがあるせいか魚影が濃く、その分エサ盗りに苦戦した。この日は昼には雨になる予報だったがなんとか午後二時まで天気はもった。

諸磯

良型には恵まれなかったが、予報が外れて天気は良かったし魚は遊んでくれたので楽しかった。

しかし、ひとつ気になったことがある。

ゴミだ。

人の管理が及ばない磯は多少のゴミは落ちているものだが、諸磯はちょっと酷かった。チャランボの穴には吸い殻があったり、コンビニの弁当ケースやペットボトルのほか、集魚剤の袋が散乱していて見るとがっかりするやら腹が立つ。日の出前から先客がいて、その団体が帰った後は、犬の糞のように撒き餌がどっさり残してあったりもした。自分も多少は汚してしまうし、高波がくれば洗い流されるものだが、トイレの水を流さない便器を見たようで気分が悪くなる。そういうマナーの悪い釣り人がいる一方で、はねた撒き餌をわざわざ丁寧にタワシで擦って水洗いする公共心溢れる人もいたりする。好きなものを趣味にする者同士、もう少し皆意識を高く持ちたいところ。

防波堤も同様だが、あまり酷いと釣り禁止になったり、駐車料金の名目でゴミ処理代を徴収されることになる。磯は誰の物でもないので、利用する人のモラルが問われる。

ついでに今のゴミ問題、ゴミ収集の規制についても一言。

昨今の自治体のゴミの規制は問題だらけだ。収集の曜日が厳格で分別もうるさい。苦労して分別してもビニルゴミをそのまま焼却したり、リサイクルせずに埋め立てているところもある。その方が焼却炉で燃やしやすくなり、石油系の可燃物が少ないと燃やすために燃料を使っている場合もあるとかで本末転倒というか実態はずさん。それで分別をやめた自治体もある。

人が集まるところにはゴミが出るのが必然であり、それを規制してもゴミは溜まり、外で捨てられるだけだ。またゴミを出すな、減らせということは経済活動(消費)をするなということでもある。ペットボトルなんぞはワクチン云々と言いながら、それで得た金を流用していた実態が明らかになり、家電リサイクル法のせいで不法投棄が増え、家電量販店はリサイクルせずに横流ししているのが現状。結局得をするのは特定の業者や団体だけなのだ。

目に余る投棄のゴミを見ると拾い集めてやろうかとも思うが、それをするとそれが「私のゴミ」となり、分別したり処分する場所に困るのでそんなことはしない。他人の捨てた汚いゴミを分別して自分の家に保管しておくような危篤な人はいないだろう。

これは道路や河川のゴミも同様で、公衆トイレの脇にでも規制の無い誰でも利用できるゴミ捨て場を設けるべきだと思う。そうすれば心ある地元の人や利用者が拾ってくれてキレイになると思う。

魚が釣れない理由

チヌ(クロダイ)を求めてガイドブックに従い三浦方面に向かった。
やってきたのは神奈川の景勝50選にも指定されている立石にある地磯「梵天の鼻」。

tateisi

朝6時に来たが既に先客が左側の釣り座でウミタナゴとベラを釣っていた。
なので、右側の方へ移動していると背後から足早に近づいてくる人影。
地元のベテランらしい高齢の方だったが、挨拶もそこそこに「あそこでやっていいですか?」と聞いてきた。

たぶんそこがポイントなんだろうと思ったが、初めての場所だしダメとも言えなかったので「いいですよ」と応えた。
ベテランはすばやくポイントに竿を置いて場所を確保すると安心したのか、「俺はここに50年通ってるんだ。ここは狭いけど3人から4人入るんだよ」と言葉が饒舌になった。

絶好のポイント?らしき場所を先取りされたので、空いた場所で竿を落とした。
一投目で大きめなベラが掛かり、幸先の良いスタートを切ったと思ったが、、、その後はゴミが釣れるだけでアタリはゼロ。

隣のベテランはグレ(メジナ)をテンポよく上げ続けた。

でも、まあいいさ。俺はチヌ狙いだし・・・と粘っても反応が無い。

釣り座はわずか2mしか離れていないのに、釣り開始から4時間経つと釣果は歴然。

「ここはタナゴと木っ端グレしかつれないよ。チヌは昔の話さ。」と聞かされさらに戦意喪失。。

こうなりゃメジナでも何でも構わないとタナを変えたり、向きを変えたり、更にはベテランの反対側に移動して連投するもゴミとフグだけだった。

十分釣ったからなのか、それともヤケ糞ぎみの自分の心中を察したからなのか、ベテランは昼になると「ここでやるかい?」と声を掛けると、納竿しはじめた。

場所を変わり、竿を落とすと一投目で木っ端グレが喰いついてきた。その後2時間でグレが7匹。
わずか数メートルの差でこれほど釣果が変わる自然の不思議さ。

でも、最後までチヌは現れなかった。

魚が釣れない理由はシンプルで、エサを含めた「仕掛けが合っていない」か、「その場所に魚が居ない」かのどちらかだろう。だから仕掛けとエサを変えて釣れないなら場所を変えるしかない。魚を採るプロの漁師でさえ、魚群探知機を頼りに大海原を右往左往するのだから当然かもしれないが、気の長い人は釣れない場所を何故か変えようとはしない。

5月とは思えない日差しの強さと気温の中、早朝から釣っていると流石に疲れた。メジナもある程度釣ったので竿をしまっていると背後から若い男が、

「あそこでやっていいですか?」