ヘチ釣り」タグアーカイブ

真夏のヘチ釣りで奇跡が起きた

黒鯛日和な湘南

西日本で大変な豪雨災害をもたらした後の湘南は、好天が続いたものの風が強く、潮も濁りぎみでシロギス釣りには不向きな日が続いていた。

その日は市街地で既に幟が勢いよくはためいていて風が強そうだった。
釣具店でも「最近はシロギスはほとんど釣れてない」という。
それでも日を選べない休日釣り師は無理して海へ向かった。

 

すると、やはり風が強く、潮も濁って釣りにならない。2~3投して早々に撤収。
こんな日は何を狙うのがいいのか、竿を出している人を見てると黒鯛が釣れている。
しかも、かなり型が良い。釣法はヘチとか、前打ちと呼ばれるガン玉と針だけのシンプルな落とし込みだった。タックルは太鼓リールと呼ばれる専用のリールが唯一の特徴。

自分はあまり黒鯛に縁が無いことは以前書いた。
しかし、それゆえ黒鯛への憧れも強い。

釣っている人の様子を観察し、

よし、「来週はヘチで黒鯛釣りだ。」と太鼓リールを買いに釣具店に向かった。

 

ヘチ釣り初挑戦

次の週、勇んでポイントへ向かった。
気象状況は先週と同じだった。これでベタ凪で澄み潮だったらガックシ。シロギス釣りの方がいいわけだが、同じ条件だったので期待度はMAX!

 

早速、事前に採取したイガイを付けて落とし込んでみたが反応が無い。
いままでコマセで魚を寄せるフカセ釣りでもなかなか釣れなかった黒鯛だけに、やはり貝ひとつでそう簡単に釣れるはずもないよな・・・となかば諦めながらポイントを探っていると。。

 

いきなり年無し50UP

来ました!

しかも、50cmの年無がいきなり食ってきた。
イガイを落とし込んだだけの簡単な仕掛けで自己新記録をあっさり更新してしまい、あっけに取られた。

そして、何と、さらに47cmも続いた。マジか・・・・。

 

オイオイ、こうも簡単にあっさり釣れてしまうと、次は60しか無いではないか。。

40オーバーの黒鯛は数年前に1度上げただけ。黒鯛はトータルで2~3匹しか釣ったことがない。

今までの苦労はなんだったのか?

お金を掛けて大量のコマセを撒いて苦戦したフカセ釣りがバカバカしく思えるほど、あっけなく簡単に黒鯛が釣れたヘチ釣りは衝撃的だった。

 

投げ竿で五目釣り

二週間ぶりの釣行は平塚海岸でシロギス釣り。

時刻は午後3時を回り、海に出るとあいにく南風が強く、サーファーがいた。
シロギスは荒れた日は釣れないらしいので、そのまま無理して向かい風に投げてもサーファーを釣ってしまいそう。しかたなく港内に場所を移した。

平塚港は長期工事中のため人気の先端は長らく閉鎖されていたが、工期が延長された関係で期間限定ではあるが開放したというので、久々に先端で竿を出した。

激しく打ち寄せる波。シロギスは縁が無さそうだ。

しかし、一投目でいきなり何かがヒット!

イシモチだ。

その後も立て続けにヒット!!

一枚は24cmとそこそこの大きさ。

入れ食い状態に、これは幸先いい・・・と思ったのも束の間。

その後はフグに仕掛けを荒らされ続け、あっというまに予備の仕掛けも無くなった。
対岸の群れをなす海鳥は爆釣していたが、こちらはアタリが無く、掛かったのはヒイラギと見慣れないナミフエダイという幼魚がそれぞれ一匹だけ。

季節はもう秋なのか日が落ちるのも早くあっという間に暗くなってきたので、フカセでクロダイを釣っていたグループが帰った後、たっぷりコマセを効かせた場所で二匹目のドジョウを狙ってみようと、仕掛けは投げ竿にグレ針とガン玉、エサはそのまま青イソメで落とし込んだ。

するとすぐピクピク♪

来たのが木っ端グレ♪

201509koppa

ターゲットのシロギスはダメだったが、いろいろ魚が遊んでくれたので満足な釣行だった。

20150902