フカセ釣り」タグアーカイブ

寒グレ最終日はボーズから一転、好釣果で飾る。

激渋の三月

三月中旬の西湘。

一年で最も水温が低くなる3月の釣りは毎年むちゃくちゃ渋い。

だから釣果を求めて磯釣り師は沖磯や離島に脚をのばす。

でも、予算が無いから地磯で耐えるしかない。

地磯では一日粘ってなんとか1枚上げるのが精一杯なのが例年のパターン。

 

ボーズ喰らい戦意喪失

その前の週は三浦の地磯で完全ボーズをくらった。

早朝から日没までやっても何一つ掛からない、まったくアタリのない消耗戦だった。

だから、今回は行くかどうか、当日の朝まで迷った。

 

エサの選定ミスが命取り

三月なのに、初島と同様エサ取りが多いのが珍しかった。

しかも、隣の先釣者の竿は大きくしなり、良型オナガをヒットさせたから

魚の活性は悪くない。

だが、自分が用意した今回のエサがパン粉の練エサと、アオサだからなのか、

まったく喰わない。

今回のエサはオキアミがアタリらしい。

初島ではアオサだったのに・・・なかなか上手くいかないものである。

今回もボーズの悪寒。

と、ほとんど諦めかけていたところ、

親切な先釣者がオキアミを分けてくれた。

一転、爆釣タイムに

そうしたらどうだろう、

先程の無反応が嘘のように、爆釣モードになったではないか。

しかも、ほとんどが尺以上。

この日の最大は36cm、なかなかの良型だ。

途中、アオサに戻してみたが、やはり喰わなかった。

 

一人ならボーズ

結局、終わってみれば6枚のお土産に大満足の釣果だった。

唯一点、残念なのは持参のエサで釣れなかったこと。

一人で釣りをしていたら、このヒットは無かった訳で、

エサの選定ミスでこの日もボーズだったに違いない。

 

水深のある釣座の難しさ

この日の釣座はいつもと違う初めての場所で、

10m以上の水深があり、潮がぶつかる複雑な所だった。

そのためタナが深く、仕掛けも馴染みにくいため、

練りエサではタナに届く前にエサ取りに喰われたか、

溶けたと思われる。

アオサについては仕掛けが軽すぎてタナに届かなかったか、

冷凍したために味が落ちてダメだったのか、理由は決めかねる。

 

次回はアオサで釣果を出したい。

 

 

 

果報は寝て待て?エサ取り地獄は逃げるか、忍か。

真冬を除いて、撒き餌で集魚して釣るメジナ釣りにとってエサ取りは最も悩ましい問題だ。

プロでさえ苦戦するのだから、素人はいわんや。。

手段としてコマセによる遠近分離をよく聞くが、言うほど簡単ではない。

トーナメンターの平和卓也氏がアジ、キタマクラ、コッパグレなど魚種別の攻略法を解説していたが、自分が成功した試しはない。

検証はしていないが、遠近分離をするためには、エサ取りが腹いっぱいになるほどの大量の撒き餌が必要だろう。

1日で3kg、多くて6kgのオキアミしか使わない貧乏フカセ師には無理な話。中途半端なコマセは雑魚の養殖に来て終わる(TдT)

だから、他の手段をいろいろ考える。

まずは餌を変える。

時期と場所によるが、パン粉釣法。
パン粉だけで釣る人もいるが、自分は集魚剤を混ぜてつかう。いわゆる練りエサである。

結構釣れる時があり、オキアミと違って日持ちするのでコマセを消化せずに次回も使えるメリットもある。

デメリットは活性が低いと反応が悪く、軽いので鳥がついばみに集まってきてしまう点。

他には海苔。

良型が狙えるが釣れる数は少なく、近くでオキアミを撒かれるとアウト。

しかもアオサなどは春先しか採れないので、時期が限られる。
乾燥して保存する方法もあるが、面倒なのと生より喰いが悪い。

遠近分離ができず、餌もダメとなればどうするか。

場所を移動。

エサ取り地獄に限らず、釣れない時はこれがシンプル。

しかし、

エサ取りが猛威を振るう今の時期は少々磯替えしても同じ。

で、最後は。。。

寝て時合を待つ。

エサ取りが大人しくなる夕マヅメか日没後の半夜釣りに集中してアタックする。
その方がムダな撒き餌もしなくて済む。

ただし、時合のタイミングを逃すとボーズだから爆睡してはダメだろう。

下田沖磯で本流釣りの洗礼を受ける

イサキが旬の6月中旬、二度目となる南伊豆入間の渡船で釣ろうと思ったところ、あいにくその日はイベントが針入り釣り場が制限されるとのことだった。そこで急遽釣具店で紹介された同じく南伊豆下田沖の横根という沖磯に釣行することになった。

沖磯ではメジナや石鯛狙いの釣師が多くイサキは外道扱いされがちだが、21℃を超える高水温時期ではクチブトメジナは数釣りができないばかりか臭みが出て来る。その点イサキはこれから旬で数もかなり釣れて味も良い。普通は陸っぱりでカゴ釣りが主流だが夜釣りに分があり、昼間はそれほど釣れないが、横根ならフカセで数釣りができると聞いた。

渡船は須崎の「すざき丸」さんにお願いした。船頭さんは人あたりの良い親切な方で、初めての自分を的確な場所に渡してくれた。横根は比較的大きな磯で最盛期は100人くらいが渡礁したという。自分の釣座はなんて名前かは聞かなかったが、大場所から隔離されたような位置にあり、舟が直接着ける場所でもあった。足場が平な三畳くらいのスペースを一人でゆったり釣ることができた。

噂通り一投目から軽快にイサキが上がり、初めての自分でも13匹と何とか二桁釣ることが出来た。同船したベテランは前回は60匹も釣ったと聞いたので、それから比べると見劣りするが、そんなに釣れても捌くのも大変だからツ抜けできただけで十分満足だ。

だが、課題も残った。

題名通り「本流」の洗礼を受けたのだ。黒潮の影響を受けて川のように潮が流れる本流での釣りは、陸っぱりで入門書にあるようなコマセをパラパラと撒いてウキをポチャって落とすような釣り方では話にならない。ウキは仕掛けがなじむ前に一瞬のうちに激流のように流されてしまう。コマセを後打ちするまえにウキは30mくらい流されるから増水した川で竿を出しているのと同じだ。

この日はお昼前は緩やかな流れで釣りやすく、その間に前述の釣果を出したものの、午後は猛烈な潮の速さに加えて「当て潮」だったため為す術がなかった。どれほど遠投しても仕掛けは瞬時に手前に押し戻され、足元の根に絡むか、はるか遠くの潮下に流されていった。

この流れの速さはオモリを少々重くしただけではまったく効果がない。イサキはタナが深いので半遊動では余計になじみが悪く、仕掛けがタナまで入らない。午前中の爆釣が嘘のような苦戦を強いられた。喰いが悪くなるのを承知でハリスを短くしたり、錘を2号まで増やしたが話にならない。つまり、本流釣りではボウズだったのだ。(※但し浅タナに浮いたタカベとスズメダイは喰ってきた。)

次回のテーマはこの本流釣りの攻略となった。