フィッシング」タグアーカイブ

なぜ釣り番組は糞なのか。

自分の住む関東では釣り番組がいくつか放送されている。

しかし、どれも箸にも棒にもかからない糞番組だ。

で、なにげに皮肉たっぷりのおもしろい秀逸なタイトルをつけた画像をネットで拾った。

「釣り番組に対する視聴率の真実」ww

Photo

釣り番組を観ているのは猫だけ・・って、思わず吹いてしまった。

どの番組も視聴者(釣り人)の事を意識しているとは思えない内容。
しかも釣り好きなら普通は見ないであろう時間帯(土曜日と日曜の朝)にオンエアするのだから訳がわからない。

現代の情報化社会において、ヒットを左右するのもは「共感」であろう。釣り番組なら釣り人の共感を得ることが前提となるのだが、放送内容の多くは「船釣り」「沖磯」である。しかし、この二つのキーワードに対する共感度は低い。どちらもお金がかかり、場所が限定され、万人受けしないからだ。

にも関わらず、番組が固執する理由のひとつは「絵になる釣果」が必要だから。大スポンサーが付いて、セミプロのフィールドテスターが竿を出しているのに、釣果がクサフグとネンブツダイでは洒落にならないからね。

それと船釣り師は金持ちが多いというのもあるだろう。陸っぱり師は貧乏臭い格好でバイクというスタイルが多い一方、船釣り師は外車で乗り付けてくるのも珍しくない。

一番共感を得られるのは誰でも行ける河川、防波堤や地磯で、素人には釣れないビッグな釣果を叩き出すというものだが、それはプロでも無理なのだろう。人気のバス釣りでさえ、自前のボートを出しての釣りだから貧乏釣り師の共感など得られるはずもない。

そんな場所でも素人で釣果をあげる人がいるが、通いつめた地元師だから出せた結果で、よそ者がふらっとやって来て釣れるほど甘くないので番組にはならない。昔はヤラセもあったらしいが、今はそんなことをすれば、すぐバレてネットで袋叩きにあうしね。

それでも、あのようなつまらない番組が漫然と垂れ流されいるのは何故なのか?

推測するに、

・スポンサーが新製品をPRすることだけ考えているから。
・釣り人口を増やすため、既に釣りをしている人より、これから始める初心者にアピールする目的。

故に視聴率とは無関係に作られているのだろう。虫餌も触れないキャンギャルみたいなのが、タイラバで釣れた~♪って喜んで観る釣り師はいない。

最近は旅番組をかけ合わせたどっちつかずな糞番組、というか消化不良な下痢番組まで登場する始末だから何も言えない。

釣りを始めた最初の頃は少しは観たが、今はとても見る気がしない。

たとえ釣れなくても、プロが果敢に技術を駆使する姿を見てみたいものである。

工事で環境が変わった相模川

釣りの情報誌に相模川でのクロダイ釣りが特集されていた。相模川河口はよく釣れる場所として有名でキビレを含めて実際に釣っている人も見かけたことはあるが、今回初めてクロダイ狙いで釣行した。

GWも終わり、小雨がぱらつく日だったこともあり釣り人の姿はまばらだったものの、皆クロダイ狙いだった。しかし、この日は全員ボーズ。大潮で適度な濁りもあったので期待したがまったくアタリが無く、やたらボラの活性だけが高かった。聞けば今年の3月くらいは良かったらしいが、ここ最近はまったくダメだという。釣れたという時期と雑誌の取材時期とが符合するから、雑誌のネタはガセではなさそうだ。

雑誌の記事にはタイムラグがあるから、それを元に釣行しても期待外れになることが多いと言われるが、今回の不調は単に時期的なものだけでもなさそうだ。後日別の常連の話によると、写真にあるように離れの防波堤から手前の半分が砂で堆積して流れが塞がってしまってから釣れなくなったという。

これは恐らく昨年に行われた河口付近の堤防の改修工事がその原因と思われる。改修と言っても、素人目には遠くに見える対岸の壊れかけた防波堤を直しただけに見える。たったそれだけで流れが変わりこうも変わってしまうのは驚きだった。思えば巨大な海上ショベルが停泊してガリゴリ川底を引っかきながら作業していた。あれで川底の環境が変わらないはずがない。

先週江ノ島付近で話題となった赤潮も護岸工事などが要因のひとつと言われるが、人間のちょっとした作用によって自然、とりわけ生物の生態系が大きく変わることを改めて実感した。

現在も工事が進められ、今後は海に突き出た防波堤を延長する工事がなされるようだ。

 

海釣りの怖い話

経験の浅い自分は幸いにしてまだ無いが、太公望を長くやっていると一度や二度怖い目に遭うようだ。
先日も城ヶ島の磯で気さくに話しかけてくる年配の方から、自ら経験した事と、彼の知人が遭遇した恐ろしい話を聞いた。

釣りをする上でフローティングベスト(ライフジャケット)は必須なので、磯だけでなく防波堤でも着用しているものの、その反面着用してさえいれば最悪の事態(つまり溺死)は避けられると思っていた。しかし、落水はそんな甘いものではないようだ。実際のところフローティングベストは絶対安全というものではなく、無いよりはあったほうがいい程度だというのだ。

彼の話によれば、3人で釣りをしていて、1人が釣り上げた大物をタモで掬うため2人が崖を降りて手伝っていたところ、突然大波を被って海に流された。そのうち1人は赤い帽子を被っていたため、沖で漁船に発見され一命を取り留めたが、もう一人は帰らぬ人となった。流された二人共ベストを着用していたが、運命を分けたのは被っていた帽子だったという。

彼曰く、「海上に浮かぶブイやウキでも荒れた日や波が高いと沈んだり浮いたりするだろ?それと同じで着用していても沈むことはあり、海底に沈みっぱなしにはならないだけであって、呼吸ができるような常に浮いた状態を保つことは困難な状況になるんだ」とのこと。つまり、着用していても死ぬ時は死ぬということなのだ。

次にテトラポットの釣りは危険極まりないという話。テトラで釣りをしていた人が足を滑らせて落ち、足を岩とコンクリートに挟んでしまい抜けなくなった。波を被りながら救助を待ったが、救助隊が駆けつけても手立てがなく、足を切断するかどうかの瀬戸際となった。しかしアクション映画のような荒っぽいことができるはずもなく、そうこう思案しているうちに季節は冬だったため低体温で死亡してしまったという。テトラポットでの釣りは危険であることは口酸っぱく言われることだが、慣れたベテランほどやってしまうというので怖い。

話をしてくれた人も命は助かってきたが、これまで何度も釣具を流されたか数え切れないという。他の場所でも同様の話はよく聞く。高波に荷物を流されたり、海に落ちたという経験をしたことがないベテランのほうが少ないのかもしれない。それゆえに油断せずに初心忘れず慎重に行動したい。