ニュース」タグアーカイブ

ニュースを遮断しストレスフリーなライフスタイル

何度か試した結果、

やはり、マスメディアのニュースは見ない、聴かない、話さないことにした。

理由は単純。

仕事や家庭など日々の暮らしで多くのストレスを抱えているのに、自分とは無関係なニュースで怒りやストレスを感じたくないから。

メディアというのは、「恐怖産業」。
人々の不安や恐怖を煽って、世の中を煽動しながら、自らの媒体価値を高めて広告収入を得ること。

新聞を読まない奴は社会人として失格とか、ビジネスマンは日経を読め、というのは社会的洗脳であり時代錯誤。
今や購読者のほとんどは中高年か情弱な人。

紙面は事故や犯罪と広告が大半で、経済ニュースなんて要は大企業のプレスリリース(広告)。テレビやラジオも同じ、というか新聞より酷い。

「〇〇殺人事件」
「森加計問題」
「横綱殴る」
「北朝鮮、ミサイル発射」

いずれも、どうでもいいよ。自分には無関係か、どうにもならない話ばかり。

「右だ左だ」というのは活動家の人に任せるよ。

「TPP」「トランプ」??

ドル円でキリキリする仕事してないし、株もやってない。

メディアや世間は「政治に関心を持とう」というが、彼らは世の中の「こいつはけしからん」という空気を煽って金儲けしているからいいだろう。しかし、煽られてもどうにもならん問題でこちらはストレスが溜まるだけだ。

余談だが、世間話で報道ネタを持ち出す人の話ほどつまらないものはない。誰でも知ってる話をしても情報性もなければ共感も無いから。(自戒)

以前は有料のネットニュースも見ていたくらいだから、180度の転換。

それでもIT情報化社会だから、否応無しにニュースは多少入ってくるが、

遮断して2週間、ストレスは半分になった気がする。

【デザインと商標】アジアの近代文化は欧米のパクリでしかない

サイトと関連メディアのIDとしてのロゴマークを変えてみた。

2shylogos

書体をポップな感じにして、中央のコーヒーの写真からカラフルな「三つ巴」にしてみた。この三つ巴のカラーのブルーは「海」、淡いブルーは「空」、グリーンは「山」、そしてその隙間をうめる紺は「川」で「自然」をイメージした。三つ巴という家紋を用いた理由は、自分の家系がという訳ではなく、単に「日本らしさ」を取り入れたかっただけです。因みに最初は海と山で「二つ巴」にしようとしたところ、有名なサーフブランドのロゴに似てしまうので止めました。

でも誰が見てもこのロゴはあの有名コーヒー店のロゴのパクリだと思われるでしょう。

starb

その通りです。でも、強いて言えば本当のところはパクリのパクリです。よく行く地元のフットサルコートのロゴがコーヒー店のロゴをアレンジして中央にボールのイラストを描いたものを使用しているのですが、配色や書体等が酷似しているのですぐパクったものと分かります。自分はそれを真似て今度はコーヒーの写真に差し替えたという訳。なぜコーヒーなのかと言うと、簡単に説明すれば開設当初はコミュニティサイトを作ろうとして、人が話をする場所=カフェという発想でした。決してコーヒーショップを営んでいるのではありません。

あのロゴは世界的に有名なコーヒーチェーン店のものですからこれまでもいろんな企業や個人がパクったり、パロったりしてきたのはご存知の方も多いはず。パクリの得意なアジアの国々ではパクった側が勝訴している例もありますが、日本では某大衆コーヒー店の別ブランドのロゴが酷似していると指摘を受けて配色を変えた経緯があります。
ex-coffee

これ、最初はグリーンだったそうですから、そうなるとモロですよね。人魚をコーヒーのイラストにして、☆をドットにしただけですから。同業者がこういうパクリをすると「意匠(デザイン)」というより、サービスや商品の混同を防止する「商標」の部分でマズイでしょう。パクった側もそれなりのブランドを築いてきたのだから、もっとオリジナルなものを作ればよかったのにと思いますね。食べ物関係はパクリが多くてカップ麺やカレー・ルーのパッケージで酷似したものが出て裁判沙汰にもなってましたが、パクリが長く定着するとそのカテゴリーのサービスや商品の代表イメージとなり業界全体で共有するというのもあるので、パクられた方も目くじら立てずに名誉なことだと一定の寛容さがあってもいいとは思いますが・・。
例えば日本車はこれまで欧州車のパクリばかりだったが、最近は欧州車が日本車的なディテールになってきて、どちらが本家なのかわからなくなりながら進化しているし。

とはいえ、このところ話題になっている東京五輪のエンブレムのパクリ問題は頂けない。過去の作品もコピー&パクリで、よく今まで問題にならなかったものだと驚いている。右から左に仕事を流す商業デザイナーって所詮あんなモンなんですかね?「似てない」「ベルギーのは見たこともない」なんて白々しいコメントしていましたが、あれで日本のトップクリエイターとされると彼を目指している若手はどうなってしまうのか心配だ。この問題の場合、さらに深刻なのは五輪は(サッカー)ワールドカップと同様に商標や意匠に物凄くうるさい組織。国際商標として登録してしまうと、草の根のオリジナルの方が盗作呼ばわりされかねないし、類似のデザインが許されなくなってしまうこと。彼のしたことはその意味で二重に問題だ。

パクリの言い訳に「インスパイア」「オマージュ」なんて言葉が昔から使わているが、最近は「ブラッシュアップ」なんて言葉もよく耳にするようになった。「磨きをかける」という意味だが日本を含めアジアの産業は欧米文化の後追いであり、白人文化を取り入れ、改良して安く売りだして発展してきた。その意味で日本の文化、経済そのものがパクリと言っていい。

モダン=欧米化=進化と捉え、それを追い求める限り、あのような問題は今後もなくならないし、インターネットが普及し世界中の情報が簡単に得られることに慣れきった現代人は「STAP細胞問題」や「東京オリンピックエンブレム問題」のようなコピペが常態化することは避けられないでしょう。アルファベットを使うことが原則となれば、欧米諸国の方が遥かに質も量も多い訳だからどうしても後追いになってしまう。欧米化を追い求めるうちは世界に通用するデザインは生まれないだろう。

オリンピックのロゴも白紙に戻して、漢字や仮名をモチーフにした日本の伝統文化を使ったものにした方がいい。そうすれば欧米とバッティングすることはないはずだ。