シーバス」タグアーカイブ

釣った魚の放射性物質の濃度は?

原発事故から4年、セシウム137の半減期はおよそ30年だが、134の半減期は2‐3年だから、ゼロにはならなくてもそろそろ検出されなくてもいい頃だが・・・。

スーパーなどで流通する魚の検査データはよく見たが、自分で釣った魚の数値が気になっていた。メジナやシーバスなどはどうなんだろう?と検索してみたら、意外に行政がデータを公表していた。

それによれば、スズキ(シーバス)がキロ当たりセシウム134で1.84ベクレル未満(※以降ベクレル=Bqと表示)、137で2.51Bq未満、メジナがセシウム134で2.54Bq未満、2.41Bq未満だった。この他にもクロダイ、ウミタナゴ、マサバ、マアジ、マゴチ、コノシロなど湘南でお馴染みの魚種もあり、いずれも似たような数値だった。

ただし、フィッシュイーターは食物連鎖のためか数値は平均高めで、シイラは134が3.75Bq、137が3.97Bq、ヤリイカは134が6.52Bq、137が7.04Bqだった。

そして一番気になったのが平塚漁港内のデータ。ゴマサバ、タチウオ、マルアジが6-7Bqで他の地域と比べて同じ魚種でも突出していた。おそらく濃度が高くなりがちな河川(相模川)の影響が大きいと思われる。アユなどは事故直後は300Bqなどかなり高く、どの川も未だに5ベクレルを超えているから、川魚は海水魚より汚染が深刻。それと相模川河口には放射性廃棄物が蓄積する下水処理場もあるからその影響もあるだろう。

そうなるとウナギの数値が気になるところではある。
これらの結果をどう受け止めるかは個人の問題だが、やはり子供にはあまり食べさせたくは無いと改めて実感した。

メバルロッドでシーバスを釣る

寒くなってきたこの時期に釣れる魚はメバルなどの根魚以外で、手軽なのがシーバス(スズキ)。

ということでやってきたのが夜の相模川。
でもタックルはメバリング用なのだ。それでも釣れるらしい。スズキは成長につれて名前の変わる出世魚。
自分が狙うのは巨大なシーバスではなく、釣って楽しい、食べて旨いセイゴ、フッコクラス。

常夜灯の近くを探るようにジグヘッドにメバル用ワームを付けて飛ばしてみる。
川縁を行ったり来たり・・・だが、当たりは全然ない。

やっぱ飛ばないメバルタックルではダメなのか・・。

2時間ほどして、リールを巻きながらこれでダメなら帰ろうかと思った時である。

巻き終わる寸前にいきなりゴン!
今まで釣った魚とは違う引きに一瞬「??」
そのまま巻き続けると水面に魚が跳ねた。シーバス特有のエラ洗いだ。

「おおおお!」ついにきたか!

で、釣り上げたのがコレ。

フッコ

続けてもう一発きたが、残念ながらバラしてしまった。

その後はまた静かな川に。