ゴミ」タグアーカイブ

若者を叩く資格の無い高齢釣り師

人気釣り場「網代」の閉鎖をふり返り

 

人気の網代が釣り禁止になって二年が経つという。

自分が釣りを始めたのは数年前なので一度も行ったことがないのだが、釣り禁止となったいきさつをある釣り場で聞いた。

ゴミを撒き散らすのはどこでもある話だが、深夜に騒いだり、係留してある船舶にいたずらしたりするほか、挙げ句は船外機を盗む輩までいたというから驚きだ。

 

アンタ、それ言う資格ないよ

「外から来た若い連中の仕業で、地元じゃないから汚しても平気なんだ。こっちはいい迷惑でまったくけしからん」

そう嘆く高齢釣り師だったが、その男は釣り場にゴミを捨ててはいなかったものの、釣った外道(アイゴ)を通路に放り投げていた。

 

釣った魚を道端に捨てるのは生命の尊厳を傷つける魚への冒涜である。
生ゴミを捨てることと何ら変わらないし、アイゴは毒針を持つだけに知らない人が踏んだり触ったら大変危険だ。

そんなことも考えない高齢者に若者を悪く言う資格があるのだろうか?

 

正義を語らず道徳を説く

フカセ釣りをしない釣り師は、コマセが臭くて汚いと文句を言う。

確かにこういう後始末をしない輩がいるからフカセ師の評判が悪い訳だが・・・

では石鯛師はゴミを出さないのかと言えばこの有り様。

サザエの貝殻やタバコの吸い殻、ラインの端切れは放置だ。

ついでに言えば、ルアーマンも根掛かりしたルアーや餌木は放置しているし、河川では木々に絡む蜘蛛の巣のようなラインの残骸も酷い。

 

つまり、釣り師はみんな五十歩百歩なのだ。程度の差こそあれ、釣り場の環境を乱していることを皆が自覚しなければならない。互いに叩くのではなく、フォローする気概が必要だろう。

それゆえベテランが無知なビギナーに怒鳴ったり高圧的に文句をつける姿をよく見かけるが、あれは痛い。本人は正義を語っているつもりだが、傍から見れば同類である。

「お前らも散々それをやったんじゃねーの?」と言いたい。

皆がもっと寛容かつ丁寧に粘り強く啓蒙していく必要がある。

 

釣り業界も含めて釣り師の道徳が向上しない限り、同じことが繰り返されて釣り場が閉鎖されていくだろう。

 

フカセ師は磯の汚し屋か

釣りをした後のゴミ、持ち帰ってますか?

朝、人里離れた自然の中の磯に着くととても清々しい気持ちだが、そこに散らかしたゴミがあると気分が萎えるし、憤りすら感る。見ると飲食したゴミの詰まったコンビニの袋や集魚剤や仕掛けのパッケージ、吸い殻が散乱している。なかにはそこで直火のBBQをした網やビール缶まである。ゴミの内容からすると場所柄フカセ釣りをやったゴミが目立つ。フカセ師は撒き餌を撒くので磯を汚すし、仕掛けや道具が多いのでゴミが多い。さらに長丁場で同じ場所にいるので飲食もするからゴミ捨ての主犯はフカセ師ということになる。

旅の恥は掻き捨てとばかりに無作法な一見客が観光地に捨てるのはよくあるものの、自分たちの好きな趣味の場所にゴミを投棄する神経が自分には理解できない。野球をする人はグラウンドにゴミを捨てるようなことはしないし、ゲレンデに捨てるスキーヤーもいない。その振る舞いはまるで夜な夜な公園やコンビニにたむろし、暴走行為を繰り返す無法者と変わらない。釣りをする人はそんな下品な人々なのか?

近年釣りが禁止される防波堤が増えており、人気だった網代港はそのひとつだが、静浦港でも釣り人のマナーの悪さをぼやく地元民の声を耳にした。漁港は漁協などが管理しているから規制がある反面、美観が保たれているが、磯は誰も管理しないから荒れたら荒れっぱなしの無法地帯。

誰かが掃除をしないといけないが、現在はゴミの分別や収集が煩く、公園などの公共の場にゴミ箱もないから、ココロある人が代わりに拾って処理することができないし、持ち帰らない人が不法投棄する原因ともなる。残った手段はコンビニのゴミ箱だが、最近は持ち込まれるのを嫌って外に設置しないコンビニが増えた。

コンビニはフランチャイズでオーナーは個人だから気持ちはわかるが、市街地も含めて捨てられたゴミの殆どはコンビニで買ったゴミだから、それを嫌うのも「売ったら売りっぱなし」って印象で感じは良くない。そもそも、その店のコンビニの駐車場で飲み食いして捨てる人が多いのか?と言えばそうではなく、どこかの店で買って、車内や屋外で消費し、立ち寄った店で捨てる訳だから、持ち込み禁止というのも理不尽なのではと思う。

まあ、とにもかくにも投棄する輩が悪いのだが、役所ももっと柔軟に考えないと不法投棄が増えるだけだ。粗大ゴミにしてもカネを取ったからといってゴミが減る訳ではないし、ゴミが自然に帰る訳でもないのにあの手数料の使途は謎だ。

巨大なゴミについて来たものは?

台風が去って3日目にも関わらず水の濁りは泥水だった。
前日よりは透けているよに見えたものの、果たして釣果は・・・。

釣り場に着くと、いつもの場所に先客がいた。
ファミリーだがウナギ狙いのようでペットボトルも置いてある。
しかたなく、別の場所で竿を出したが、ゴールデンタイムに入ってもエサの食いもない。
かなり期待してきたのだがボーズの予感。

そうこうしているとあのファミリーの鈴が鳴る。
釣り上げたところは見ていないが、2‐3本は上げていたのではないか。
やはり、あそこが良いと思っても場所は狭く限られる。

今日はダメだと諦めかけた時、ファミリーは撤収しはじめた。

「ラッキー!」たぶん景気良く釣れたので子供が小さいから長居せずに帰るのだろう。

ファミリーが帰った後、釣り座を変えて仕切り直し。

しかし、同じ場所にそうは多くはウナギは居ないらしい。
時折鈴が一瞬鳴ることがあったが、21時半を過ぎてもアタリは来なかった。

やっぱ今日はダメだ・・・と竿を一本づつゆっくり納竿しはじめた。

「げっ・・嫌な感触」

台風の後だけに川底には多くの木枝やゴミが埋もれているようで、それらを釣ったようだ。リールを巻くには重すぎて、切れるのを覚悟で竿ごと引っ張る。しかし、根ではないので動くからラインは切れない。しょうがないのでラインを綱引きのようにたぐり寄せると小枝と草の塊だった。

そして最後の竿を引き上げる時、事は起こった。

リールを巻いていると、これもやたら重い。
ほとんど根がかりといっていい感触。おなじように綱引きで引っ張る。
するとそれも大きな草木の塊だった。

「・・・ったく。」
ゴミをたぐり寄せると、なんとウナギが絡んでいたではないか!

「おおお!!サヨナラホームランか!」

エサに喰いついたウナギが暴れてゴミに絡んだようで、かなり傷ついて弱っていた。

いやぁ~感無量です。

傷ついたウナギはすぐ死んでしまうので、帰宅したら泥抜きせずにすぐ捌くことにした。