カゴ釣り」タグアーカイブ

今年はイナダの当たり年

回遊魚の当たりとハズレ

回遊魚はその場に居着く魚と違って当たり外れが大きい。
回ってくれば誰でも釣れるが、そうでないとスカだ。

その意味で今年はイナダ(ワカシ)の当たり年なのではないか。
東京の若洲から伊豆にかけてどこでもワカシ、イナダがじゃんじゃん釣れたのが一昨年前。
昨年はその落差が大きかったが、今年はその時ほどではないもののそこそこ釣果がでている。

 

その一方、ソウダガツオが寂しい。

実はまだ釣った事がない。
「マル」だの「ヒラ」だの、どちらでもいい。

今年こそはと思って釣行しても「最近は見ない」「夏頃で終わった」と声を聞くと今年もダメかと諦めモード。

しょうがない、近い将来「イナダも昔は釣れたんだけどね~」なんて事になるのもやしれんので、
今のうちに釣れる魚に集中しようと思っている。

安い磯竿でも年無し平鯛が釣れた

何年かぶりにカゴ釣りに行ってきた。

使用した竿はノーブランドの磯竿4号で釣りを始めた当初に最初に買ったもの。
素材はカーボンが入っているのか不明な竿でとにかく重い。500gは超えるのでカゴをぶら下げるとズシッとして腕が疲れる。

磯で見かけたのがカゴ師だったので何となしカゴ釣りを始めようとネットで断片的な情報を集めて説明の不十分な店員の薦めで選んだのが間違いだった。

使用するリールやラインの号数もバランスが悪かったため高切れの連発。3000番のリールに道糸3号を巻いて12号カゴの遠投って・・・そりゃ切れるわな。。今思えばありえない組み合わせだったのだが、あまりに仕掛けをロストするのでカゴ釣りは向いてないとやらなくなった。

それから数年経ち知識もついて改めてカゴ釣りを再開した次第。

投げ方も悪いせいか他のカゴ師のようには飛ばないが、高切れを心配せずに投げられるようになったので遠投が楽しくなった。

場所は伊東港。この日の狙いはサバだったのだが全く回遊してこなかった。代わりに50cm近い体高のあるヘダイが釣れた。

硬くて重い竿のため上物竿のように引きは楽しめなかったが、こんな安物竿でも釣果がでたことに感激。カゴ釣りの楽しさを感じることができた良い一日だった。

カゴ釣りで小サバ祭り

今回は真鶴の岩港を目指した。初めてのポイントだから期待していたところ、無料駐車場が使えなくなっていて引き返したから時間を無駄にしてしまった。
ガイドブックやネットの情報も古いのが多くてこういう失敗は多々あるが、貴重な早起きが無駄になってしまうのが辛い。

しかたなく久々に米神港に行ってみた。

時計の針は7時を回り、釣り場には数名が始めていた。
釣果を聞くと小さいサバばかりだという。

前回の梅沢堤防に引き続き「小鯖祭り」の悪寒がしてきた。
今回は大きめの回遊魚を狙ってカゴ釣りの仕掛けを持ってきたが・・・。

やはり鯖しか釣れない。
でも、前回より僅かだがサイズアップしているのが救いだった。