アンチ」タグアーカイブ

Youtubeの低評価を減らす方法

低評価がつく理由

動画をアップした直後にいきなりマイナス評価がついたり、高評価よりも低評価がグイグイ増えるのは動画作成者としては精神的にきついものです。

低評価がつく要因は主にタイトルやサムネイルと内容がずれていたとか、内容が薄いなどによる「期待はずれ」があるわけですが、それ以外にもいたづらやアンチによる妬みなどがあります。

低評価も評価のうち

一般的には、動画がつまらなければ多くの視聴者は「離脱」するだけでしょう。わざわざ低評価をするのはそれだけ「期待されていた」とも言えるし、クリックさせるインパクトがあったとも言えるでしょう。また低評価は広告収入などYoutube(グーグル)のシステムにマイナスな点は無く、むしろ評価が付くだけマシとされているようです。

ですが、やはり気分が良いものでは無いですね。

低評価は先入観をつける

そして、なにより低評価で問題となるのが、未視聴者への悪印象です。「この動画はつまらない」という評価が付くことで、これから見ようと思ったユーザーが視聴するのをやめてしまったり、ネガティブな予断(先入観)を持って見るために途中離脱しやすくなり、高評価がつきにくくなったりするほか、さらなる低評価を誘発することも懸念されます。

低評価をつけにくくする

そこで低評価を付けにくくする方法がひとつあります。
それは評価そのものをユーザーに表示しないことです。

動画の管理の詳細設定にある「 この動画の評価をユーザーに表示する」のチェックボタンを外せば評価数が表示されなくなります。

画面にはこのように表示されます。

 

アンチの中には配信者を貶めるために低評価をつける者がいます。自分がクリックした行為が表示されなければ、マイナス評価は管理者にしか伝わりません。表示させないことで低評価をつける動機を削ぐことになるのがこの方法のポイントです。ですから低評価数は確実に減少します。

では高評価も減るのでは?と心配する人もいると思いますがご安心を。高評価は「良かったよ」と配信者へのメッセージですので非表示にしても減ることはありません。

しかし、それでは同時に高評価も表示されなくなり「どうだこの動画いいだろう?」と自慢する自己顕示欲が満たされないと思われるでしょう。


でも、アンチはそういう感情を突いてくるわけですから、低評価は気にしない強い精神力が同時に必要になってくるので、この記事を読んでいる貴方には難しいかもしれません。

余談ですが、SNSの普及で芸能人など有名人が直接一般人とふれあう機会が増えたことで、視聴者、読者の痛烈な批判に傷つき折れてしまっているのも同じ現象なのではないでしょうか。 従来のTV、ラジオ、雑誌などの一方通行メディアでは批判や攻撃から守られていましたが、双方向のネット社会に馴染めない著名人が表面化してしまった証ともいえます。