アクシデント」タグアーカイブ

40UPでグレ釣り師の仲間になれた

50UPが出たらしい。

 

沖磯並にビッグなメジナが釣れる堤防があると聞いた。

数日前には50UPのモンスターも出たという。

極寒の2月にそんな陸っぱりがあるのか?と半信半疑だった。

 

烏賊も釣れるならばと

同時にそこではヤリイカもフィーバーしているという。

知人からエギングロッドを頂いたので、どこで試そうかと思っていたところだった。

メジナが釣れなくても、烏賊が釣れればいいと思って釣行した。

 

ベタ凪の静かな堤防

朝7時。

当日は天気が良く、波はベタ凪。
澄んだ海はプールのようにハッキリ底が見えた。

普段は波っけを求めて荒磯を目指すことから考えると、

およそ釣れそうにもない状況だった。

「こりゃ、失敗かな。夜釣りの烏賊に掛けるか」

着いて早々に戦意消失気味だった。

 

いきなり40UPを魅せられた。

しかし、そんな懸念を蹴飛ばす出来事が起こった。

 

自分が到着する少し前から竿を出していた人がまもなく45cmをあげたのだ。

強烈なシーンを見せつけられ、これはホンモノだと度肝を抜かれた。

磯の様に複雑な地形やサラシのない場所だから、自分にも可能性がある、そう思った。

 

それでもしばらくは忍。

急いで仕掛けを作りコマセを打ち込む。

厳冬期にも関わらず、エサ取りが沸いて出た。

時折、デカいボラの姿も見える。

しかし、流石に水が冷たく、しかも澄み潮のため警戒して喰いが悪く、付け餌が残る時間が続いた。

 

そしてお土産

1時間以上退屈な時間が続いた後、最初のヒット。

尺オーバーが来た。

久々の尺サイズに、お土産は確保できたとほっとした。

続いて29.5cmとほぼ尺のサイズが続いた。

この2匹をゲットしたところでアタリは止まり、夕マヅメの大ハプニングまで竿は静かだった。

殺気を消していた?

二匹釣れたし、渋くなったので納竿モードで隣の釣り人と話し込んでいた時に、

ドスンと来た。

きっと殺気が出ていなかったからだろう。

ウキも見ていなかったので不意打ちだった。

 

そして・・そうなった。

あまりの早くて強い引きにのされそうになり、

竿を立てようと耐えた時に、アクシデント。

 

パキーン!!

あっけなく太い第四節が折れた。

 

扱いが悪かったのか、塗装が剥がれて変色していたから、キズも付いてこんなことが起こるのでは・・・と何となく予感はあった。

しかし、それが今日、ここ一番のシーンでこんなことになるとは。。

午前のヒットの時にドラグを締めたままにしていたのもまずかった。

緩めていたら、折れたのは回避できたかもしれない。

さようなら、ボーダレスBB。

 

自己新記録は達成

でも、居合わせた方に助けてもらったお陰で、なんとか仕留めることだけはできた。

引き上げてびっくり。自己新記録の43cmだった。

メジナの40オーバー自体が初めてだからめちゃくちゃ嬉しい。

自分の中では40UPを釣らないとフカセ師ではない感じがしていて、

やっとその仲間入りができたような気がした。

 

最近は落水したりハプニング続きだが、

自己新記録と引き換えの出来事だっただけに 記憶に残る釣行となった。

身の毛もよだつ磯釣りの事故

ついに海に落ちた。

ええ、落水ってやつです。

しかし、こうしてブログを書いているので無事です。

海難救助のお世話にはなっていません。

事の経緯は下の動画を見て頂くとして、、

磯で滑って軽くザブンっといった程度で済んだのはラッキーでした。

次はこの程度では済まないぞと身の引き締まる思いです。

凪で低い磯だからと安心していると・・

 

今回はズルっと行っただけだが、磯の場合は岩で怪我をすることも多い。


このような動画は結構ある。

海は凪でも関係ない。

磯の岩はヤスリのようだったり、刃物のように皮膚を裂く鋭さもあり、足場は不安定。
転んで頭を打ったらただではすまない。

長時間の釣行では、疲労や気の緩みで予想もしない事故にあうことも想定される。

 

ということで、ヘルメットを買いました。

石鯛師ではときどき被っている人を見かけるほか、釣りクラブでは着用を義務付けているところもあるとか。

最後に、これは釣りではないが、磯から落ちるとこんなに怖いという映像。


 
釣りをしていて滑るとこうなります。

海釣りは気を抜けない

「自然を甘くみてはいけない」
子供の頃から良く聞かされた言葉だが、頭で理解していても実際に危険な目に遭わないとなかなか伝わらないもので、釣りを長くやっている人で危険な経験をした人は少なくないだろう。

先日は小笠原沖に台風が接近していたため、時折ウネリがくる状況だった。
磯に着くと、既に来ていたベテランが、「今日はダメだよ。いつもは濡れていない場所まで波が被ってるから。」

しかし波が足元を洗う中で独りで釣っているベテランが見える。

「あそこで誰か一人やってますよ」

「危ねーな。俺は昔、波にやられて脚が血まみれになったことがある。今日はおとなしく防波堤だな」そういってそのベテランは帰っていった。

波の強い日に危険を感じながらも防波堤で釣りをし、高波にさらわれ死にかけた人の話が頭をよぎったが、後から別のベテランがやってきて磯へ降りていくのを見ると、せっかく来たのだからと付いて行った。

釣座に着くと釣り人が3名いた。波も磯を洗う程度だし、これならやれると竿を出したのが間違いだった。付いて行ったベテランは自分が準備している間に竿を出さずに帰ってしまい、元からいた釣り師の内2名はルアーで、早々と場所を変えて行ってしまった。残る1名は安全な場所を知っているのか離れたところでフカセをしていた。

自分が最初に竿を出した周囲は喰いが悪く、しかも次第に潮位が上がって不安になったので、広くて安全そうな場所に移動。でもそこは時折波が足元を洗う場所だった。それでも濡れていない岩の突起にバッカンを置いてフカセをしていたが、突然それまでとは違う膝まで達する波がやってきてエサとバッカンを攫っていった。

ああ・・やっぱやめとけば・・と今さら後悔しても遅い。自分が流されなかっただけでも幸いだと思うしか無い。一瞬の事でどうすることもできず、沖へ流されるバッカンを見つめて呆然としていると・・・

なんと!どこからともなく現れたカヌーを漕いでいる人がバッカンを拾ってくれた。親切なその人は優しそうな年配の外国人だった。諦めていただけに神のような方に感謝感謝。

しかし、事件はこれだけでは無かった。

場所を安全(そうな)堤防に移動した時にそれは起こった。

これ、磯だったらアウト。
第一波で道具をさらわれた人は貴重品が入っていたのだろうか、流された鞄を拾ってほしいと大声で沖にいるディンギーに叫んでいたが声が届かなかったようだ。

釣りをしている時は海に背をむけてはいけない

この言葉の意味がよ~く解った。