健康・ヘルスケア」カテゴリーアーカイブ

釣り中の攣りには

釣りの攣(つ)り

釣りをしている時に手足が攣ることありませんか?

自分は釣り始めて4時間くらい過ぎると、手の親指、人差し指がこむら返りの様に攣って釣り糸が結べなくなったり、ガン玉を付けられなくて困ることがあります。足場の悪い荒磯などでは8時間を超えたときは脚も攣ります。

 

水分不足が原因

原因は水分とミネラルの不足と思われます。釣りに夢中になって何時間も水分を摂らないでいることが多い時に生じます。

 

寒グレ釣りは要注意

磯釣り師は熱中症の危険のある夏場より涼しくなる秋冬の方が要注意。中高年は喉の乾きを感じるのが鈍いため水分不足に陥りやすく、寒い時は8時間近くまったく水分を摂らない日もありました。そういう日はなぜか尿意も感じないため、早朝から夕方まで1回も小便をせず、体内の水分も少なくほとんど汗になっている極限の状態でした。

フカセ釣りのような忙しい釣りは熱中すると飲食をしなくなるので特に注意したほうがいいでしょう。

 

予防にはポカリスエット

予防はとにかく水分をこまめに補給することと、できればポカリスエットのようなスポーツドリンクを合わせて補給すること。自分はこれで随分改善しました。

釣りの最中に失われるのは水分だけでなくミネラル(電解質)なども失われています。電解質は筋肉細胞や神経細胞に影響を及ぼすため、欠乏すれば手足が攣ることも合点がいきます。

因みにお茶類も良いのですがカフェインは利尿効果があるため逆に水分が失われる危険がありますので、できれば炭酸水などのほうがベターです。

 

尿の色をチェック

本牧の釣り施設のトイレには尿の色で水分補給を促す注意書きが貼ってありました。釣りは夢中になると炎天下でも水分を摂らない人がいるため、なかなか良い事が書いてあるなと感心したものです。尿の色が濃かったら要注意、すぐ飲み物を補給しましょう。

 

それでも攣ってしまったら

釣りバカはそれでも攣ってしまうことがあります。荒磯の足場の悪い不安定な場所でバランスを取りながら長時間緊張した釣りから帰ってくると、脚がこむら返りを起こして膝から下が締め付けられるような痛みに襲われます。

このような時はスポーツドリンクを多めに補給するだけでなく、湿布を貼ると効果的です。

 

磯釣りは荷物が多くできるだけ荷物を減らしたいところですが、ペットボトルの水は多めに持参しましょう。

反抗期と更年期

性ホルモンと反抗期

子供の自立の兆しとも言われる反抗期。
ちょっとしたことでキレたり、、無気力だったりと精神が不安定になる時期。

先日、この反抗期は性ホルモンが関係しているとテレビで報じられていた。

子供の反抗期は体内の作用に起因する症状だから、
親は温かく見守りましょうという。

 

更年期と思春期

ん?それって中高年の更年期に似ているではないか。
更年期障害は女性が閉経前後に顕著になると言われるが、少なからず男性にも起こる症状だ。

晩婚化が進み、子供が反抗期になる小学校高学年から高校生になる時期に、
時を同じくして親も更年期を迎えることが多い。

すると、体と精神が不安定な更年期の親と、触るもにはトゲを刺す思春期の子がぶつかり合うことになる。

 

晩婚化と家庭不和

大らかな広い心で子供の反抗的態度を受け止めなければならないのに、
親もストレスを子供にぶつけ様になる。

最悪だ。

殺伐した家庭になること間違いなし。

 

若いうちに子育て完了

これを避けるには早く結婚して子供も早くつくるしかない。

昔のように二十歳前後で子供を作れば、更年期を迎える前に子供は反抗期を終えるから・・。

 

家庭は円満?

ダイエット後の心筋梗塞

ドラマに出演していた今井洋介という人が31歳の若さで亡くなった。
死因は心筋梗塞だという。
ドラマを見たことは無く知らない芸能人だが、検索するとイチローみたいな精悍な感じ。

こんなにスリムでイケメンな若者が心筋梗塞になったのは循環器に何か持病があったのだろう。
しかし、ちょっとググるとこの人は以前100kgの肥満体だったことがわかった。ダイエットして今のスリムな体型になったらしい。そのことを本にもしている。

う・・・ん。。ということは過去の肥満が影響していたのか?
肥満の時に循環器に付いた脂肪が原因で・・・と想像してしまう。

こりゃ人事じゃないわ。。クワバラクワバラ

ダイエットが成功しても、付いた内蔵脂肪は落ちないのか?
先日もテレビで痩せ型の人でも心筋梗塞になる話をしていた。通常血管内に溜まる脂肪が外側に付き、心臓の周囲を覆うようになって重篤化するという。

防ぐ方法はやはりウォーキングと野菜を先に食べる習慣だという。
ダイエットは減らすだけでなく、健康的に維持することが肝要であることを改めて認識した。