オピニオン」カテゴリーアーカイブ

若者を叩く資格の無い高齢釣り師

人気釣り場「網代」の閉鎖をふり返り

 

人気の網代が釣り禁止になって二年が経つという。

自分が釣りを始めたのは数年前なので一度も行ったことがないのだが、釣り禁止となったいきさつをある釣り場で聞いた。

ゴミを撒き散らすのはどこでもある話だが、深夜に騒いだり、係留してある船舶にいたずらしたりするほか、挙げ句は船外機を盗む輩までいたというから驚きだ。

 

アンタ、それ言う資格ないよ

「外から来た若い連中の仕業で、地元じゃないから汚しても平気なんだ。こっちはいい迷惑でまったくけしからん」

そう嘆く高齢釣り師だったが、その男は釣り場にゴミを捨ててはいなかったものの、釣った外道(アイゴ)を通路に放り投げていた。

 

釣った魚を道端に捨てるのは生命の尊厳を傷つける魚への冒涜である。
生ゴミを捨てることと何ら変わらないし、アイゴは毒針を持つだけに知らない人が踏んだり触ったら大変危険だ。

そんなことも考えない高齢者に若者を悪く言う資格があるのだろうか?

 

正義を語らず道徳を説く

フカセ釣りをしない釣り師は、コマセが臭くて汚いと文句を言う。

確かにこういう後始末をしない輩がいるからフカセ師の評判が悪い訳だが・・・

では石鯛師はゴミを出さないのかと言えばこの有り様。

サザエの貝殻やタバコの吸い殻、ラインの端切れは放置だ。

ついでに言えば、ルアーマンも根掛かりしたルアーや餌木は放置しているし、河川では木々に絡む蜘蛛の巣のようなラインの残骸も酷い。

 

つまり、釣り師はみんな五十歩百歩なのだ。程度の差こそあれ、釣り場の環境を乱していることを皆が自覚しなければならない。互いに叩くのではなく、フォローする気概が必要だろう。

それゆえベテランが無知なビギナーに怒鳴ったり高圧的に文句をつける姿をよく見かけるが、あれは痛い。本人は正義を語っているつもりだが、傍から見れば同類である。

「お前らも散々それをやったんじゃねーの?」と言いたい。

皆がもっと寛容かつ丁寧に粘り強く啓蒙していく必要がある。

 

釣り業界も含めて釣り師の道徳が向上しない限り、同じことが繰り返されて釣り場が閉鎖されていくだろう。

 

「無料」という言葉のウソ

タダより高いものはない

「今なら3ヶ月無料!」

「1ヶ月お試しキャンペーン!」

巷にあふれる安さや無料を謳う甘い言葉で客を釣るキャッチ。

昔から「タダより高いものは無い」という使い古された言葉がある。

知らない人はいない格言だが、ついつい規約も読まずに契約してしまう。

 

言葉のマジックでごまかすネットサービス

この一定期間無料というフレーズは、

物販ではない無形のネットサービスには特に注意が必要だ。

ホスティングサービスやアプリなどの通信系が特にヤバイ。

3ヶ月無料というと、本契約しても有効だと多くの人は思う。

例えば、

1月に仮登録して3月に決済して本契約をしたとすると、

次回の更新(支払い期限)は3月だと思うだろう。

しかし、多くの場合、更新の期限は1月なのだ。

 

「え!? 3ヶ月無料というのは?」

ここで気がつく。

 

3ヶ月無料というのは、3ヶ月以内で使用を止めて本契約をしなければ

費用はかからないという意味なのだ。

実際、これは無料とは言わない。

 

本契約後の解約の時に3ヶ月遡って返金されるとか、

本契約時に3ヶ月分差し引いて請求がされるならいいが、

決してそんなことはない。

 

本来なら「3ヶ月での中途解約は費用を頂きません」と書くべき。

明らかに契約事に疎い人を手玉に取る姑息な騙しのテクニック。

 

言うまでもないが、この手のサービスでは無料解約できる期間内では、

その恩恵に預かるようなものはなく、サービスに慣れるだけで終わることが多い。

 

甘いキャッチに飛びつく前に、

そのあたりを確認したほうがいい。

釣り場にゴミを捨てる連中の素顔とは

初の初島はがっかり釣行

熱海から30分で行ける初島に行ってきた。

釣果はまたの機会に書くとして、

釣り人が多い磯や堤防ではどこでも問題となっているゴミ問題について。

今回はある残念なことに気がついた。

 

ゴミ捨て野郎はヤンキーではなかった!

それは、

ゴミを捨てていく連中は、一見「普通の人」だった。

ということ。

 

釣り場に集魚剤の袋や飲食のゴミ、

あげくは直火で火を焚いて、

黒焦げの空き缶やゴミを放置していくような悪辣な連中は、

コンビニにヤン車でやって来て駐車場にゴミを放り投げるような

一見さんのDQNヤンキーかと思っていた。

 

意外にも常連釣り師だった。

・・が、その予想はまったく違った。

実際は見た目はごく普通の社会人で、

話すと気さくな釣り好きだったのだ。

 

船中で話しかけ、釣り場でも楽しく釣りを楽しんだその二人組は、

釣り歴5年、自分よりも長くやっていて、

リールも竿もそれなりのブランド品を使っていた。

しかも、初島には何度も訪れているという。

 

汚いコマセ、ペットボトル、吸い殻、ウロコ

しかし、自分より先に帰った二人の釣座をみるとご覧の通り。

堤防のコマセ

一瞬目を疑う惨状に言葉を失った。

写真では分かりづらいが、

夥しいほどぶちまけた集魚剤と、糸くず、吸い殻。。

さらに、捌いた魚のウロコも凄い。

因みに、皆が竿を出している釣座側で魚を捌いて内蔵を捨てるのはマナー違反

血の匂いで魚が警戒して釣れなくなるからだ。

もっといえば狭い堤防で危険なトンビに雑魚を餌付けしていたのも関心しない。

堤防のゴミ

それと、すでに自分が後始末をしたので写っていないが、

飲みかけのペットボトル6本ポリ袋も捨ててあった。

 

同類に見られたくない。

この二人と話し込んでいた自分も同類に見られただろうから、

このまま放置していくわけにはいかない。

洗い流すのに何十杯も水を汲んで疲れた。

 

因みに、初島は集魚剤は禁止らしく黙認の状態。

こんな事があると、マジで禁止になるし、

昔は清掃料も取られたらしいので、

またそうなってしまう。

 

レベルの低いブランド野郎

思えば、城ヶ島でも同じような出来事があった。

「釣れない」と言って、

自分と入れ変わりに帰っていった磯釣り師は、

頭から足元までブランド品で固めて竿、リールもご立派な物を使っていた。

でも、その人は撒き散らしたコマセをほとんど流さずに立ち去り、

壁の穴には空き缶やゴミが差し込まれていた。

 

その時は、ゴミは別の輩がやったのかと考えたが、

今思えば、ゴミもあの男がやったのだろうと思われる。

 

自分が言うのも何だが、こういう連中はコマセワークで、

周囲に飛び散りまくる。

結果、繊細なフカセ釣りに向かないので、

道具は立派でもいつまでも下手なんだと思う。

 

グラウンドにゴミを捨てるサッカー、野球小僧はいない。

 

なんで、自分の遊び場をここまで荒らせるの?

理解に苦しむ。

野球やサッカーをする人はグラウンドにゴミを捨てないし、

ゲレンデにゴミを捨てるスノーボーダーもいないのに。

 

ああいう連中は、

便器にべったり糞をつけて、

そのまま立ち去るタイプに違いない。