フィッシング」カテゴリーアーカイブ

なぜ釣り番組は糞なのか。

自分の住む関東では釣り番組がいくつか放送されている。

しかし、どれも箸にも棒にもかからない糞番組だ。

で、なにげに皮肉たっぷりのおもしろい秀逸なタイトルをつけた画像をネットで拾った。

「釣り番組に対する視聴率の真実」ww

Photo

釣り番組を観ているのは猫だけ・・って、思わず吹いてしまった。

どの番組も視聴者(釣り人)の事を意識しているとは思えない内容。
しかも釣り好きなら普通は見ないであろう時間帯(土曜日と日曜の朝)にオンエアするのだから訳がわからない。

現代の情報化社会において、ヒットを左右するのもは「共感」であろう。釣り番組なら釣り人の共感を得ることが前提となるのだが、放送内容の多くは「船釣り」「沖磯」である。しかし、この二つのキーワードに対する共感度は低い。どちらもお金がかかり、場所が限定され、万人受けしないからだ。

にも関わらず、番組が固執する理由のひとつは「絵になる釣果」が必要だから。大スポンサーが付いて、セミプロのフィールドテスターが竿を出しているのに、釣果がクサフグとネンブツダイでは洒落にならないからね。

それと船釣り師は金持ちが多いというのもあるだろう。陸っぱり師は貧乏臭い格好でバイクというスタイルが多い一方、船釣り師は外車で乗り付けてくるのも珍しくない。

一番共感を得られるのは誰でも行ける河川、防波堤や地磯で、素人には釣れないビッグな釣果を叩き出すというものだが、それはプロでも無理なのだろう。人気のバス釣りでさえ、自前のボートを出しての釣りだから貧乏釣り師の共感など得られるはずもない。

そんな場所でも素人で釣果をあげる人がいるが、通いつめた地元師だから出せた結果で、よそ者がふらっとやって来て釣れるほど甘くないので番組にはならない。昔はヤラセもあったらしいが、今はそんなことをすれば、すぐバレてネットで袋叩きにあうしね。

それでも、あのようなつまらない番組が漫然と垂れ流されいるのは何故なのか?

推測するに、

・スポンサーが新製品をPRすることだけ考えているから。
・釣り人口を増やすため、既に釣りをしている人より、これから始める初心者にアピールする目的。

故に視聴率とは無関係に作られているのだろう。虫餌も触れないキャンギャルみたいなのが、タイラバで釣れた~♪って喜んで観る釣り師はいない。

最近は旅番組をかけ合わせたどっちつかずな糞番組、というか消化不良な下痢番組まで登場する始末だから何も言えない。

釣りを始めた最初の頃は少しは観たが、今はとても見る気がしない。

たとえ釣れなくても、プロが果敢に技術を駆使する姿を見てみたいものである。

果報は寝て待て?エサ取り地獄は逃げるか、忍か。

真冬を除いて、撒き餌で集魚して釣るメジナ釣りにとってエサ取りは最も悩ましい問題だ。

プロでさえ苦戦するのだから、素人はいわんや。。

手段としてコマセによる遠近分離をよく聞くが、言うほど簡単ではない。

トーナメンターの平和卓也氏がアジ、キタマクラ、コッパグレなど魚種別の攻略法を解説していたが、自分が成功した試しはない。

検証はしていないが、遠近分離をするためには、エサ取りが腹いっぱいになるほどの大量の撒き餌が必要だろう。

1日で3kg、多くて6kgのオキアミしか使わない貧乏フカセ師には無理な話。中途半端なコマセは雑魚の養殖に来て終わる(TдT)

だから、他の手段をいろいろ考える。

まずは餌を変える。

時期と場所によるが、パン粉釣法。
パン粉だけで釣る人もいるが、自分は集魚剤を混ぜてつかう。いわゆる練りエサである。

結構釣れる時があり、オキアミと違って日持ちするのでコマセを消化せずに次回も使えるメリットもある。

デメリットは活性が低いと反応が悪く、軽いので鳥がついばみに集まってきてしまう点。

他には海苔。

良型が狙えるが釣れる数は少なく、近くでオキアミを撒かれるとアウト。

しかもアオサなどは春先しか採れないので、時期が限られる。
乾燥して保存する方法もあるが、面倒なのと生より喰いが悪い。

遠近分離ができず、餌もダメとなればどうするか。

場所を移動。

エサ取り地獄に限らず、釣れない時はこれがシンプル。

しかし、

エサ取りが猛威を振るう今の時期は少々磯替えしても同じ。

で、最後は。。。

寝て時合を待つ。

エサ取りが大人しくなる夕マヅメか日没後の半夜釣りに集中してアタックする。
その方がムダな撒き餌もしなくて済む。

ただし、時合のタイミングを逃すとボーズだから爆睡してはダメだろう。

げっ!帰れない!釣り人のいない穴場には理由があった。

釣り人の少ない、または居ない釣り場には理由がある。

一番の理由は、「釣れない場所」だから。

大昔と違って情報化社会の世の中、釣れた噂は一瞬にして広まり、「穴場」なるものはほとんど存在しない。

よく雑誌やネットに投稿すると人が増えて迷惑だからやめろという人がいる。でも、そんな所に限って誰でも知っている一級釣り場だったりする。本当に穴場なら誰も知らないのだから拡散させようがないのだ。

一方、そこそこ釣れる場所なのに「穴場」的な場所がある。でも、そういう所は釣り人が嫌がる何らかの理由がある。

アクセスが悪い」「危険」「竿を出せる時間が制限される」などの場所だ。これが二番目の理由。


かつては黒鯛釣りで人気だったが今は少ないという諸磯隣の「黒鯛込」という磯へ初めて行ってきた。当日も諸磯は人が多かったが、当該磯は誰もおらず、貸し切り状態。

ラッキーと思ったものの、荷物を降ろして海を見てガックシ。隣の本命磯とは違って浅くて波っけはゼロ。濁りもなくまったく釣れる感じがしない。それでもせっかく来たので少しは粘ろうと竿を出した。

結果は51cmの大ボラやカイズ級のほか小物も釣れてそこそこ楽しめた。しかし、釣った獲物を絞めて帰り支度を済ませたところで問題が発生。

前述の人が居ない理由がここで明らかになった。

朝来たときは、川のようなところは干上がった砂地だったが、満潮を迎えた帰りはこの状態。

つまり、帰れないのだ。

この時は午後5時で、満潮まであと1時間はあった。潮が下がるまで何時間もここで待たねばならない状態。陽が落ちると凄い突風が吹き荒れ、ベタ凪の海面も荒れはじめ、初めての磯だけに恐わくなってきた。

何度も濡れて渡ろうかとも考えたが、深さが読めないのに加えてフカセ釣りの道具をもって渡るのは危険すぎると判断し諦めた。

更にクーラーボックスは車中なため、絞めた魚は痛むので残念ながらトンビのエサに。

人が居ない釣り場は要注意なのと、潮位の変化には気をつけたい。