フィッシング」カテゴリーアーカイブ

最も悔しい釣行

釣果は場所でほとんどが決まる。

同じ場所に通い続ければ自ずとポイントが分かってくるが、初めての場所でも見定められるのが上級の技術といえる。
しかし自分にはその技術が無いから、ひたすらネットや釣具店で情報を集めるしかない。
だが、今回の釣行はあまりに遠方で、しかも急遽の渡船だっただけに情報が少なすぎた。

その結果、今までで最も悔しい結果となってしまった。

急遽の予定変更

場所は兵庫県淡路島の離島「沼島」
当初は沖に突き出たメガフロートという管理釣り場でアジでも狙う予定だったのだが、釣果が芳しくないということで、黒鯛が数釣れているという沼島への渡船に変更した。

誰でも二桁狙えるほど釣れていると聞き、それなら黒鯛に縁の薄い自分でも釣れるのではと期待して行ったが結果は惨敗だった。

 

情報不足の沖磯

船長の言われるままに降ろされた磯には自分以外は二名の常連。
初めての知らない場所なので、自分はとりあえず深さのある船着き場に釣り座を取り、常連は自分の左右に構えた。

黒鯛が最初にヒットしたのは自分だったが、バラしてしまいそれ以降は黒鯛のアタリがまったく無くなった。常連たちは長らく竿が静かだったが、最終的には各3枚上げた。これはこれで悔しい。

 

規則違反の地元師

しかし、それだけなら、まあ仕方が無いと諦められたのだが、問題は途中からやってきた地元師の爆釣を見せつけられたことだ。

自分たち三人が苦戦している最中に背後の崖からロープを伝って降りてきた老齢の地元師は、奥まった浅場に釣り座を取ると、我々の貧果を尻目に黒鯛をバンバン釣り始め、挙げ句はなんと50オーバーの石鯛まで釣り上げたのだ。しかも1.5号の細ハリスでである。

自分が貧果を嘆いていると、
「沈み根がある、お宅のいるそこが一番良いところなんだけどね~」と言う。

それでまたしばらく粘ったが、いよいよ我慢できずに地元師より奥の釣座に移動しようとしたら、
「そこは浅いからだめだよ。」と助言めいたことを言ったので諦めたが、実はウソだった。

 

釣りは情報戦

後から別の磯で釣っていた常連に聞いたところでは、その地元師の場所が一番良い場所だったという。しかも、地元師が地伝いに降りて来たのは規則違反で、そこでは渡船の客以外は竿を出してはいけないことになっていたのだ。

「そんな奴、追い出せばよかったんだよ」とは常連。

時既に遅しである。

地元師は、いかにも空いていた場所にしょうがなく入釣したように振る舞っていたが、
内心「こいつら、何も知らね~んだな。へへへ」とほくそ笑んでいたに違いない。

 

地元師が来なければ釣座を変えて自分がその釣果にありついたかもと思うと残念でならない。
気軽にリベンジができる場所でない故に悔しくて仕方ない。

寒グレ最終日はボーズから一転、好釣果で飾る。

激渋の三月

三月中旬の西湘。

一年で最も水温が低くなる3月の釣りは毎年むちゃくちゃ渋い。

だから釣果を求めて磯釣り師は沖磯や離島に脚をのばす。

でも、予算が無いから地磯で耐えるしかない。

地磯では一日粘ってなんとか1枚上げるのが精一杯なのが例年のパターン。

 

ボーズ喰らい戦意喪失

その前の週は三浦の地磯で完全ボーズをくらった。

早朝から日没までやっても何一つ掛からない、まったくアタリのない消耗戦だった。

だから、今回は行くかどうか、当日の朝まで迷った。

 

エサの選定ミスが命取り

三月なのに、初島と同様エサ取りが多いのが珍しかった。

しかも、隣の先釣者の竿は大きくしなり、良型オナガをヒットさせたから

魚の活性は悪くない。

だが、自分が用意した今回のエサがパン粉の練エサと、アオサだからなのか、

まったく喰わない。

今回のエサはオキアミがアタリらしい。

初島ではアオサだったのに・・・なかなか上手くいかないものである。

今回もボーズの悪寒。

と、ほとんど諦めかけていたところ、

親切な先釣者がオキアミを分けてくれた。

一転、爆釣タイムに

そうしたらどうだろう、

先程の無反応が嘘のように、爆釣モードになったではないか。

しかも、ほとんどが尺以上。

この日の最大は36cm、なかなかの良型だ。

途中、アオサに戻してみたが、やはり喰わなかった。

 

一人ならボーズ

結局、終わってみれば6枚のお土産に大満足の釣果だった。

唯一点、残念なのは持参のエサで釣れなかったこと。

一人で釣りをしていたら、このヒットは無かった訳で、

エサの選定ミスでこの日もボーズだったに違いない。

 

水深のある釣座の難しさ

この日の釣座はいつもと違う初めての場所で、

10m以上の水深があり、潮がぶつかる複雑な所だった。

そのためタナが深く、仕掛けも馴染みにくいため、

練りエサではタナに届く前にエサ取りに喰われたか、

溶けたと思われる。

アオサについては仕掛けが軽すぎてタナに届かなかったか、

冷凍したために味が落ちてダメだったのか、理由は決めかねる。

 

次回はアオサで釣果を出したい。

 

 

 

潮汐表の数値と実際の潮位は違うもの

自然はやっぱり難しく不可思議。

海は分からないことの方が多く、机上の計算と実際では違うというお話。

 

水没磯が多い三浦エリア

以前、潮位を気にせずに釣りをしていてとんでもない事になった経験から、

「げっ!帰れない!釣り人のいない穴場には理由があった。」

常にタイドグラフ(潮汐表)はしっかり確認するようにしている。

特に三浦方面は低い磯が多く、時間帯により水没する場所が多いから注意が必要なのだ。

 

潮汐表は予想潮位

現在は釣りのバイブルとして潮汐表は持っているが、

実は記載されている数値は天気や波高と同じように

「予想」だということをご存知だろうか。

自分はそれとは知らずに、いそいそと磯に出かけて失敗したことがある。

 

現場に行かないと分からない海

潮汐表で110cmの時に完全に冠水して磯に渡れないことがあった日がある一方、

130cmを超えても干上がったように潮位が引いている日もある。

単純に波が高いとかそういう条件は抜きにしてだ。

 

大潮、小潮などの潮汐は地球と月、太陽との位置関係による重力で生じることは知られている。

しかし、潮位はそれだけでなく、気圧風向き地形によって変わるので、

磯がどんな状態かはその場に行ってみないと分からないというのが現実。

 

波と潮位に常に気を配る

釣ってる最中も常に潮位と天候、波の状態を意識していないと、

とんでもない事になってしまう。

先日釣行した場所はまさにそんな所で、

釣りに夢中になって潮位の変化に気付かず、

水没して帰れなくなり、

無理して渡ろうとジャンプして落水した人がいたという。

 

自然に「・・だろう」は通じない。