キャンピング」カテゴリーアーカイブ

海釣りの怖い話

経験の浅い自分は幸いにしてまだ無いが、太公望を長くやっていると一度や二度怖い目に遭うようだ。
先日も城ヶ島の磯で気さくに話しかけてくる年配の方から、自ら経験した事と、彼の知人が遭遇した恐ろしい話を聞いた。

釣りをする上でフローティングベスト(ライフジャケット)は必須なので、磯だけでなく防波堤でも着用しているものの、その反面着用してさえいれば最悪の事態(つまり溺死)は避けられると思っていた。しかし、落水はそんな甘いものではないようだ。実際のところフローティングベストは絶対安全というものではなく、無いよりはあったほうがいい程度だというのだ。

彼の話によれば、3人で釣りをしていて、1人が釣り上げた大物をタモで掬うため2人が崖を降りて手伝っていたところ、突然大波を被って海に流された。そのうち1人は赤い帽子を被っていたため、沖で漁船に発見され一命を取り留めたが、もう一人は帰らぬ人となった。流された二人共ベストを着用していたが、運命を分けたのは被っていた帽子だったという。

彼曰く、「海上に浮かぶブイやウキでも荒れた日や波が高いと沈んだり浮いたりするだろ?それと同じで着用していても沈むことはあり、海底に沈みっぱなしにはならないだけであって、呼吸ができるような常に浮いた状態を保つことは困難な状況になるんだ」とのこと。つまり、着用していても死ぬ時は死ぬということなのだ。

次にテトラポットの釣りは危険極まりないという話。テトラで釣りをしていた人が足を滑らせて落ち、足を岩とコンクリートに挟んでしまい抜けなくなった。波を被りながら救助を待ったが、救助隊が駆けつけても手立てがなく、足を切断するかどうかの瀬戸際となった。しかしアクション映画のような荒っぽいことができるはずもなく、そうこう思案しているうちに季節は冬だったため低体温で死亡してしまったという。テトラポットでの釣りは危険であることは口酸っぱく言われることだが、慣れたベテランほどやってしまうというので怖い。

話をしてくれた人も命は助かってきたが、これまで何度も釣具を流されたか数え切れないという。他の場所でも同様の話はよく聞く。高波に荷物を流されたり、海に落ちたという経験をしたことがないベテランのほうが少ないのかもしれない。それゆえに油断せずに初心忘れず慎重に行動したい。

 

外道でもデカければ熱烈歓迎

3月はもっとも水温が低く魚の活性が悪い。
初心者の自分ではなかなか数もでず、狙いが外れるとボーズになる。

今回は城ヶ島の四畳半に行ってきた。
しょっぱら数投目に掛かったのは60cm近い巨大なボラ。

高い釣座からは澄んだ水中がよく見えた。
ウキを注視していると何やら大きな魚影が近づいて来た。
次の瞬間、ズドンと重いアタリが来た。

必死にリールを巻いて魚を浮かせると激しく暴れた。
その姿は一見トチザメかと思われたが、すぐボラであることに気づく。

なんだボラか。ちょっとガッカリしたが、たぐり寄せると思いの外デカい。
荒れた波と高い釣座のため、玉網に入れるのも一苦労で、近くの人に手伝ってもらうほど。

巨大ボラ

検寸すると59cm!これまたチヌ以来の自己新である。
しかし惜しい!あと1cmで60UPだったのに。。

ボラは臭いと入れるが澄んだ冬の三浦の海なので持ち帰り、洗いにして美味しく頂きました。

寒ボラの洗い

釣り場に集まる輩たち

早朝5時。小田原の根府川の地磯で竿を出す。

暗闇の磯を歩いていると、突然光る目に遭遇する。
ドキッ!として見ると猫だった。誰もいない磯の突端で何をしているのやら・・・。
釣り人が捨てる雑魚を目当てに波止や釣り公園には多くの猫がいるが、人里離れた磯にもいるのにはちょっと驚く。山に近いと猪や鹿も出没するとも聞くが、猫で良かった。

この日は昼には遅くとも雨になる予報。
波高も2mと高めで、磯の両端は激しく波が打ち付ける状況でちょっと怖い。
10時には雨が本降りとなり、波も高くなってきたので撤収。

大量に残った餌を使うため、小田原早川に場所を移した。
誰もいない波止で小雨が降る中、竿を出していると1羽のカモがやってきた。
公園や池にいても何ら害の無い鳥だが、釣り場とりわけフカセ釣りではこの上なくやっかいな動物となる。
撒き餌を撒くと、それをついばみにウキの周辺に寄るのだ。ウキの周りをウロウロしながら水中に首をツッコミ食い漁る。鳥がいたら魚は当然逃げるので釣りにならない。追っ払うにも海上にいるのでどうにもならない。

コマセを打つ場所を変えても付いて来るから、足元に打っておびき寄せて玉網で捕獲するような威嚇しても、一瞬逃げるがまたやってくる。命を掛けてもコマセを食いたいらしい。再度コマセを足元に打っておびき寄せて玉網を掴むと、今度はそれを見て瞬時に逃げた。こちらの動向を見ているようで狡猾で腹が立つ。

撒き餌を止めると用が無いとばかりに姿を消した。が、再開するとまたどこからともなくやって来た。

後半は釣りというよりカモとのバトルに終始し疲れた。

ところで釣り場にはトンビやカラスもいる。カラスはうっかりすると弁当やイソメなどの餌をかっさらっていくから要注意。トンビはそこまで悪辣ではないが、雑魚を捨てると3m以上の羽を広げて集団で襲来してくるから怖い。

あるとき、静かに釣り人の近くで待つ白鷺がいたので、白鷺に向かって雑魚を投げたら、一斉に急降下してきたトンビに白鷺が蹴散らされていた。まるで通勤ラッシュの中で子供が圧倒されているような感じで可哀想だった。