アウトドア」カテゴリーアーカイブ

寒グレ最終日はボーズから一転、好釣果で飾る。

激渋の三月

三月中旬の西湘。

一年で最も水温が低くなる3月の釣りは毎年むちゃくちゃ渋い。

だから釣果を求めて磯釣り師は沖磯や離島に脚をのばす。

でも、予算が無いから地磯で耐えるしかない。

地磯では一日粘ってなんとか1枚上げるのが精一杯なのが例年のパターン。

 

ボーズ喰らい戦意喪失

その前の週は三浦の地磯で完全ボーズをくらった。

早朝から日没までやっても何一つ掛からない、まったくアタリのない消耗戦だった。

だから、今回は行くかどうか、当日の朝まで迷った。

 

エサの選定ミスが命取り

三月なのに、初島と同様エサ取りが多いのが珍しかった。

しかも、隣の先釣者の竿は大きくしなり、良型オナガをヒットさせたから

魚の活性は悪くない。

だが、自分が用意した今回のエサがパン粉の練エサと、アオサだからなのか、

まったく喰わない。

今回のエサはオキアミがアタリらしい。

初島ではアオサだったのに・・・なかなか上手くいかないものである。

今回もボーズの悪寒。

と、ほとんど諦めかけていたところ、

親切な先釣者がオキアミを分けてくれた。

一転、爆釣タイムに

そうしたらどうだろう、

先程の無反応が嘘のように、爆釣モードになったではないか。

しかも、ほとんどが尺以上。

この日の最大は36cm、なかなかの良型だ。

途中、アオサに戻してみたが、やはり喰わなかった。

 

一人ならボーズ

結局、終わってみれば6枚のお土産に大満足の釣果だった。

唯一点、残念なのは持参のエサで釣れなかったこと。

一人で釣りをしていたら、このヒットは無かった訳で、

エサの選定ミスでこの日もボーズだったに違いない。

 

水深のある釣座の難しさ

この日の釣座はいつもと違う初めての場所で、

10m以上の水深があり、潮がぶつかる複雑な所だった。

そのためタナが深く、仕掛けも馴染みにくいため、

練りエサではタナに届く前にエサ取りに喰われたか、

溶けたと思われる。

アオサについては仕掛けが軽すぎてタナに届かなかったか、

冷凍したために味が落ちてダメだったのか、理由は決めかねる。

 

次回はアオサで釣果を出したい。

 

 

 

潮汐表の数値と実際の潮位は違うもの

自然はやっぱり難しく不可思議。

海は分からないことの方が多く、机上の計算と実際では違うというお話。

 

水没磯が多い三浦エリア

以前、潮位を気にせずに釣りをしていてとんでもない事になった経験から、

「げっ!帰れない!釣り人のいない穴場には理由があった。」

常にタイドグラフ(潮汐表)はしっかり確認するようにしている。

特に三浦方面は低い磯が多く、時間帯により水没する場所が多いから注意が必要なのだ。

 

潮汐表は予想潮位

現在は釣りのバイブルとして潮汐表は持っているが、

実は記載されている数値は天気や波高と同じように

「予想」だということをご存知だろうか。

自分はそれとは知らずに、いそいそと磯に出かけて失敗したことがある。

 

現場に行かないと分からない海

潮汐表で110cmの時に完全に冠水して磯に渡れないことがあった日がある一方、

130cmを超えても干上がったように潮位が引いている日もある。

単純に波が高いとかそういう条件は抜きにしてだ。

 

大潮、小潮などの潮汐は地球と月、太陽との位置関係による重力で生じることは知られている。

しかし、潮位はそれだけでなく、気圧風向き地形によって変わるので、

磯がどんな状態かはその場に行ってみないと分からないというのが現実。

 

波と潮位に常に気を配る

釣ってる最中も常に潮位と天候、波の状態を意識していないと、

とんでもない事になってしまう。

先日釣行した場所はまさにそんな所で、

釣りに夢中になって潮位の変化に気付かず、

水没して帰れなくなり、

無理して渡ろうとジャンプして落水した人がいたという。

 

自然に「・・だろう」は通じない。

釣り場にゴミを捨てる連中の素顔とは

初の初島はがっかり釣行

熱海から30分で行ける初島に行ってきた。

釣果はまたの機会に書くとして、

釣り人が多い磯や堤防ではどこでも問題となっているゴミ問題について。

今回はある残念なことに気がついた。

 

ゴミ捨て野郎はヤンキーではなかった!

それは、

ゴミを捨てていく連中は、一見「普通の人」だった。

ということ。

 

釣り場に集魚剤の袋や飲食のゴミ、

あげくは直火で火を焚いて、

黒焦げの空き缶やゴミを放置していくような悪辣な連中は、

コンビニにヤン車でやって来て駐車場にゴミを放り投げるような

一見さんのDQNヤンキーかと思っていた。

 

意外にも常連釣り師だった。

・・が、その予想はまったく違った。

実際は見た目はごく普通の社会人で、

話すと気さくな釣り好きだったのだ。

 

船中で話しかけ、釣り場でも楽しく釣りを楽しんだその二人組は、

釣り歴5年、自分よりも長くやっていて、

リールも竿もそれなりのブランド品を使っていた。

しかも、初島には何度も訪れているという。

 

汚いコマセ、ペットボトル、吸い殻、ウロコ

しかし、自分より先に帰った二人の釣座をみるとご覧の通り。

堤防のコマセ

一瞬目を疑う惨状に言葉を失った。

写真では分かりづらいが、

夥しいほどぶちまけた集魚剤と、糸くず、吸い殻。。

さらに、捌いた魚のウロコも凄い。

因みに、皆が竿を出している釣座側で魚を捌いて内蔵を捨てるのはマナー違反

血の匂いで魚が警戒して釣れなくなるからだ。

もっといえば狭い堤防で危険なトンビに雑魚を餌付けしていたのも関心しない。

堤防のゴミ

それと、すでに自分が後始末をしたので写っていないが、

飲みかけのペットボトル6本ポリ袋も捨ててあった。

 

同類に見られたくない。

この二人と話し込んでいた自分も同類に見られただろうから、

このまま放置していくわけにはいかない。

洗い流すのに何十杯も水を汲んで疲れた。

 

因みに、初島は集魚剤は禁止らしく黙認の状態。

こんな事があると、マジで禁止になるし、

昔は清掃料も取られたらしいので、

またそうなってしまう。

 

レベルの低いブランド野郎

思えば、城ヶ島でも同じような出来事があった。

「釣れない」と言って、

自分と入れ変わりに帰っていった磯釣り師は、

頭から足元までブランド品で固めて竿、リールもご立派な物を使っていた。

でも、その人は撒き散らしたコマセをほとんど流さずに立ち去り、

壁の穴には空き缶やゴミが差し込まれていた。

 

その時は、ゴミは別の輩がやったのかと考えたが、

今思えば、ゴミもあの男がやったのだろうと思われる。

 

自分が言うのも何だが、こういう連中はコマセワークで、

周囲に飛び散りまくる。

結果、繊細なフカセ釣りに向かないので、

道具は立派でもいつまでも下手なんだと思う。

 

グラウンドにゴミを捨てるサッカー、野球小僧はいない。

 

なんで、自分の遊び場をここまで荒らせるの?

理解に苦しむ。

野球やサッカーをする人はグラウンドにゴミを捨てないし、

ゲレンデにゴミを捨てるスノーボーダーもいないのに。

 

ああいう連中は、

便器にべったり糞をつけて、

そのまま立ち去るタイプに違いない。