月別アーカイブ: 2019年3月

名礁も潮が悪けりゃただの岩

タイトルの格言、誰が言ったか名言である。

未熟な技術は脚でカバー

ベテランに言わせるとあまり良いことではないというが、技術の無い自分は反応が悪いとすぐ場所を変える。もちろん自分なりに仕掛けやタナを工夫してのことだが、ダメだと思った時は我慢せず釣座を移動する。場合によっては車で磯そのものを変えることもある。

そんなことをしていたら時間が過ぎて時合も逃すことも想定されるが、ストレスの溜まる場所でやり続けるよりは自分にとっては気持ちが楽だ。フカセ釣りの重い荷物を担ぎ直して移動するのは大変だが、毎度違う新しい場所でやることが多いため、実績の無い場所で不安を抱きながら我慢するより、少しでも良さげな場所を探すほうが自分には向いている。実際、徒労に終わることもあるが、逆転釣果を得ることも多い。

以下のような場合は「釣れる感じ」がしないので諦める。

・釣座にたったもの当て潮だったり、思いのほか風が強くて釣りづらい場合。
・潮の流れが周囲の人に比べて明らかに不利な場合。
・2時間以上アタリが無い場合。
・フグやネンブツダイなどエサ取りが多くて対処できないと思った場合。

釣座の目利きが最大の技術

本来、最初の2つは竿を出す前に判断できなければいけない。上級者は海を見ただけで潮の流れを読み、地形や天候を総合的に判断して釣座を決める。一旦竿を出してからでは既に遅く、人気の磯なら移動しようにも釣り座が埋まってしまっているから圧倒的に不利になる。

通えば必ず釣れる

釣果を安定させるには同じ釣り場に通うのが一番。通うことで釣れている人のやり方や場所の特徴が把握できるから次回に活かせるし、ダメな日の見極めも早くなる。しかし、毎回違う場所で釣果を上げるのは前述の目利きができないと毎回ボーズになりかねないから事前の情報集めが重要となる。

釣果は潮が8割

プロの書いた本にもそうあった。プロ中のプロでも潮がダメならヒットは難しい。ただプロやトーナメンターのような上級者は残りの2割で素人と差をつける。良くない場所で素人が1匹なら3匹、素人が3匹なら10匹釣り上げる。

この日も側の先釣者は開始早々からガンガン釣り上げていたが、自分の釣座はどうにも潮の流で釣りづらくアタリもでなかったため、風が収まったのを機に移動したところ、すぐさまヒットした。

また先日釣行した堤防は特殊な潮で、一箇所しか釣れない癖のある場所だった。その日はボーズだったが次回につながる貴重な経験を得た。