月別アーカイブ: 2017年1月

海釣りの怖い話

経験の浅い自分は幸いにしてまだ無いが、太公望を長くやっていると一度や二度怖い目に遭うようだ。
先日も城ヶ島の磯で気さくに話しかけてくる年配の方から、自ら経験した事と、彼の知人が遭遇した恐ろしい話を聞いた。

釣りをする上でフローティングベスト(ライフジャケット)は必須なので、磯だけでなく防波堤でも着用しているものの、その反面着用してさえいれば最悪の事態(つまり溺死)は避けられると思っていた。しかし、落水はそんな甘いものではないようだ。実際のところフローティングベストは絶対安全というものではなく、無いよりはあったほうがいい程度だというのだ。

彼の話によれば、3人で釣りをしていて、1人が釣り上げた大物をタモで掬うため2人が崖を降りて手伝っていたところ、突然大波を被って海に流された。そのうち1人は赤い帽子を被っていたため、沖で漁船に発見され一命を取り留めたが、もう一人は帰らぬ人となった。流された二人共ベストを着用していたが、運命を分けたのは被っていた帽子だったという。

彼曰く、「海上に浮かぶブイやウキでも荒れた日や波が高いと沈んだり浮いたりするだろ?それと同じで着用していても沈むことはあり、海底に沈みっぱなしにはならないだけであって、呼吸ができるような常に浮いた状態を保つことは困難な状況になるんだ」とのこと。つまり、着用していても死ぬ時は死ぬということなのだ。

次にテトラポットの釣りは危険極まりないという話。テトラで釣りをしていた人が足を滑らせて落ち、足を岩とコンクリートに挟んでしまい抜けなくなった。波を被りながら救助を待ったが、救助隊が駆けつけても手立てがなく、足を切断するかどうかの瀬戸際となった。しかしアクション映画のような荒っぽいことができるはずもなく、そうこう思案しているうちに季節は冬だったため低体温で死亡してしまったという。テトラポットでの釣りは危険であることは口酸っぱく言われることだが、慣れたベテランほどやってしまうというので怖い。

話をしてくれた人も命は助かってきたが、これまで何度も釣具を流されたか数え切れないという。他の場所でも同様の話はよく聞く。高波に荷物を流されたり、海に落ちたという経験をしたことがないベテランのほうが少ないのかもしれない。それゆえに油断せずに初心忘れず慎重に行動したい。