月別アーカイブ: 2016年1月

宝くじのような大物黒鯛が初ヒット!

だから釣りはやめられない。

感無量!もう人生思い残す事は無い。

オーバーかもしれないが、そう思えた瞬間だった。

 

狙っても釣れないクロダイ

湘南の地磯や堤防では釣っている場面を見ることが少ない黒鯛。
ガイドブックを参考に釣れそうな場所をいろいろ行った。

でも、自分を含めて釣ったところを見ることはほとんどない。

たまに防波堤や川では見かけたが、地磯では江ノ島で一回目撃しただけ。

クロダイはメジナの外道か

「ここ、チヌが釣れるって(雑誌に)あったんだけど・・?」

「それは昔の話だよ。最近は見ないね。」

磯の常連と何度となく交わした言葉。

自分には縁の無い魚だと思っていた。

グレを狙っていればそのうち掛かるかもしれないと半ば諦めていた。

しかし、意外にもその時は早く、突然やってきた。

 

荒れ日の城ヶ島で

その日の潮汐は若潮、低気圧の影響により波が高く予報では3-5mのウネリの注意。

風も7mの突風の中、風裏を求めて城ヶ崎へ向かった。

ヒナダンや南西のポイントはもの凄い波で近づけない。

当然の如くこんな荒れた日の釣り場には誰もいない。

天気が良くそれほど寒くなかったのが救いだった。

誰もいないので波を被る場所を除けば釣座は選び放題。

潮は昼過ぎまでベタな上げ潮だったので釣果は期待していなかったものの、
朝8時半から下げに転じる昼過ぎまでまったく当たり無し。

仕掛けや釣座をいろいろ変えてやっと掛かったのがチビウミタナゴの1匹のみと寒い釣果。

ボウズの流れ

時計は午後3時を回り、コマセも少なくなって諦めモード。

この時間になって夕マヅメ狙いのルアーマンが数人現れ始めた。

しかしこちらは朝から竿を出しているので餌も残り少ない。

コマセを消化するために最後にもう一度と釣座を変えても掛かったのがクサフグ1匹。

 

納竿間際のバカ当たり

いよいよ納竿だと残ったコマセをぶち込み続けた時、突然重い当たりが来た。

一瞬、海藻に根がかったかと思ったがグググッっと少し動く。

「おお!やっと何か来たか!大きめのウミタナゴか?」と掛けてみたら一気にガツン!と凄い引きがきた。

あわてて巻き続けたが、それ以上はあまり引かない。

グレでは無いだろうと恐る恐る巻いていくと銀色に光る魚体が現れた。

 

「おおおおお!もしかしてチヌ様!?しかもデカい w(゚o゚)w 」

しかし!こんな時に限って玉網を手元に置いて無かった!

 

玉網が無い!

やばいやばい・・・・やばいよ!

どうしようかと思案しているところへ偶然ルアーマンが歩いてきた。

「すみませ~ん!」

「どうしました?」

「玉網が・・・無くて」

まさかこんな大物が掛かるとは思っていなかったので、
網は午前中の釣座に置きっぱなしにしていたのだ。

 

「抜きあげられない?」

「無理っぽいです」

(指差して)「あそこに玉網が・・」

親切なルアーマンが通りかからなければバラしていた。

グレでも尺オーバーがMAXだっただけに、

いきなり自己新記録40オーバーの、

しかも初のクロダイがHitして

「もう何も言えねえ」

一生の思い出になった釣行だった。

新春釣行と箱根駅伝

明けましておめでとうございます。

新年を迎えて最初に向かったのは平塚海岸。
ちょうど箱根駅伝もあり、普段はガラ空きの駐車場もこの日は満車。早めに出たので自分は難なく入れられたが、ちょっと遅かったら厳しかった。

年末の釣行(豊洲)で余ったイソメを使ってテキトーに投げてみたら、シロギスが3匹もヒット♪
大きさも20cmはあり、なかなかの型でした。

「テキトー」というのは針はグレ針の5号でハリスは1.5号、ロケットオモリでぶん投げただけなので、底の魚が何か釣れればという感じだったから。近くで竿だしていたシロギス狙い(?)のベテランが「噂を聞いて来てみたが全然釣れねぇ」とぼやいていただけに、意外な釣果で大満足の新春釣行となった。

シロギス

餌が少ししか無かったのと、駅伝も見たいという欲張り釣行だったので、3匹釣って納竿。
事前に選手が通過する時間を調べていたのでベストタイミングだった。スマホのradikoで実況を聞きながら道具をすばやく畳んでいざ湘南大橋へ。

しばらくするとトップランナーの青学の選手が走ってきた。

箱根駅伝の青山学院

なんか余裕しゃくしゃくで流している感じ。

一方、3位に入った駒沢大学の選手は片腹を押さえて苦しそう。

駒沢大学 箱根駅伝

後ろから追うワゴン車の監督がもの凄い激を飛ばしていた。後から調べたら厳しい名物監督だそうで・・・。

選手もキツイだろうね。。
ということで、

初めての駅伝観戦と納得釣果で良い年を迎えられました。