月別アーカイブ: 2015年11月

釣り場に集まる輩たち

早朝5時。小田原の根府川の地磯で竿を出す。

暗闇の磯を歩いていると、突然光る目に遭遇する。
ドキッ!として見ると猫だった。誰もいない磯の突端で何をしているのやら・・・。
釣り人が捨てる雑魚を目当てに波止や釣り公園には多くの猫がいるが、人里離れた磯にもいるのにはちょっと驚く。山に近いと猪や鹿も出没するとも聞くが、猫で良かった。

この日は昼には遅くとも雨になる予報。
波高も2mと高めで、磯の両端は激しく波が打ち付ける状況でちょっと怖い。
10時には雨が本降りとなり、波も高くなってきたので撤収。

大量に残った餌を使うため、小田原早川に場所を移した。
誰もいない波止で小雨が降る中、竿を出していると1羽のカモがやってきた。
公園や池にいても何ら害の無い鳥だが、釣り場とりわけフカセ釣りではこの上なくやっかいな動物となる。
撒き餌を撒くと、それをついばみにウキの周辺に寄るのだ。ウキの周りをウロウロしながら水中に首をツッコミ食い漁る。鳥がいたら魚は当然逃げるので釣りにならない。追っ払うにも海上にいるのでどうにもならない。

コマセを打つ場所を変えても付いて来るから、足元に打っておびき寄せて玉網で捕獲するような威嚇しても、一瞬逃げるがまたやってくる。命を掛けてもコマセを食いたいらしい。再度コマセを足元に打っておびき寄せて玉網を掴むと、今度はそれを見て瞬時に逃げた。こちらの動向を見ているようで狡猾で腹が立つ。

撒き餌を止めると用が無いとばかりに姿を消した。が、再開するとまたどこからともなくやって来た。

後半は釣りというよりカモとのバトルに終始し疲れた。

ところで釣り場にはトンビやカラスもいる。カラスはうっかりすると弁当やイソメなどの餌をかっさらっていくから要注意。トンビはそこまで悪辣ではないが、雑魚を捨てると3m以上の羽を広げて集団で襲来してくるから怖い。

あるとき、静かに釣り人の近くで待つ白鷺がいたので、白鷺に向かって雑魚を投げたら、一斉に急降下してきたトンビに白鷺が蹴散らされていた。まるで通勤ラッシュの中で子供が圧倒されているような感じで可哀想だった。

ゴミと磯

三浦半島屈指の人気地磯「諸磯」に釣行。

この時期の釣り物は他の磯と同様にメジナ、ベラ、アイゴだが、深さがあるせいか魚影が濃く、その分エサ盗りに苦戦した。この日は昼には雨になる予報だったがなんとか午後二時まで天気はもった。

諸磯

良型には恵まれなかったが、予報が外れて天気は良かったし魚は遊んでくれたので楽しかった。

しかし、ひとつ気になったことがある。

ゴミだ。

人の管理が及ばない磯は多少のゴミは落ちているものだが、諸磯はちょっと酷かった。チャランボの穴には吸い殻があったり、コンビニの弁当ケースやペットボトルのほか、集魚剤の袋が散乱していて見るとがっかりするやら腹が立つ。日の出前から先客がいて、その団体が帰った後は、犬の糞のように撒き餌がどっさり残してあったりもした。自分も多少は汚してしまうし、高波がくれば洗い流されるものだが、トイレの水を流さない便器を見たようで気分が悪くなる。そういうマナーの悪い釣り人がいる一方で、はねた撒き餌をわざわざ丁寧にタワシで擦って水洗いする公共心溢れる人もいたりする。好きなものを趣味にする者同士、もう少し皆意識を高く持ちたいところ。

防波堤も同様だが、あまり酷いと釣り禁止になったり、駐車料金の名目でゴミ処理代を徴収されることになる。磯は誰の物でもないので、利用する人のモラルが問われる。

ついでに今のゴミ問題、ゴミ収集の規制についても一言。

昨今の自治体のゴミの規制は問題だらけだ。収集の曜日が厳格で分別もうるさい。苦労して分別してもビニルゴミをそのまま焼却したり、リサイクルせずに埋め立てているところもある。その方が焼却炉で燃やしやすくなり、石油系の可燃物が少ないと燃やすために燃料を使っている場合もあるとかで本末転倒というか実態はずさん。それで分別をやめた自治体もある。

人が集まるところにはゴミが出るのが必然であり、それを規制してもゴミは溜まり、外で捨てられるだけだ。またゴミを出すな、減らせということは経済活動(消費)をするなということでもある。ペットボトルなんぞはワクチン云々と言いながら、それで得た金を流用していた実態が明らかになり、家電リサイクル法のせいで不法投棄が増え、家電量販店はリサイクルせずに横流ししているのが現状。結局得をするのは特定の業者や団体だけなのだ。

目に余る投棄のゴミを見ると拾い集めてやろうかとも思うが、それをするとそれが「私のゴミ」となり、分別したり処分する場所に困るのでそんなことはしない。他人の捨てた汚いゴミを分別して自分の家に保管しておくような危篤な人はいないだろう。

これは道路や河川のゴミも同様で、公衆トイレの脇にでも規制の無い誰でも利用できるゴミ捨て場を設けるべきだと思う。そうすれば心ある地元の人や利用者が拾ってくれてキレイになると思う。

二回バラすと凹む

気温15度、風速5mの中の出勤前の朝マズメ。
さすがに寒く、フリースの上にウインドブレーカーでもブルった。
海水温は20度なのでぬるま湯のように感じた。

久々に相模川河口の突端で竿を出す。先客のベテランはシロギスをゲットしていた。
自分は例のごとく落とし込み。

ツンツン、コンコン・・グイグイ・・

何か居る!ココロが弾む。

でもなかなか掛からない。

そして・・・コンコン・・ギュー

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!、

が。。

やっと掛かったと思ったら水面直下でバレてしまった!20cm前後のセイゴらしき魚影・・・残念!

その後は何度やっても掛からない。

ポイントを変えると再び・・

ツンツン・・ツンツン・・ググッ・・・

お!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

平たい魚影・・メッキか!?

しかし、またしても水面直下で

スカッ・・・・・・・・無念。

いかん。。もう出勤時間

 

久々にボウズorz