月別アーカイブ: 2015年8月

人気過ぎて釣れない湘南のキス

春から秋にかけて湘南の海岸には日の出前から投げ釣り師が等間隔にズラリと並ぶ。
6月には大磯ではキス釣り大会が行われていたようだが、それだけ多くの人が釣るからなのか、
はたまた自分が下手だからなのか、シロギスはその人気とは裏腹にあまり釣れず、3回の釣行で釣れたのは1匹だけ。

今回はその大磯海岸から竿を出したが、まったくのアタリ無し。周囲も釣れている気配が無い。
朝5時半から昼近くまで粘ったものの釣れたのはヒトデだけ。

ヒトデ
こんなのボーズでなかったらバッカンに入れないし、写真なんて撮りません。寂しいからとりあえず次が釣れるまでキープ。
わかるかな?この気持。。

そして午後は国府津に移動したら、3投目で念願のシロギスがヒット!
幸先良いスタートだと思ったものの、その後はチビ真鯛のオンパレード。
それでも何も釣れなかった大磯よりはマシで、「腐っても鯛」ならぬチビでも真鯛。味噌汁の出汁には最適なので有り難く持ち帰った。あんなチビ真鯛でもスーパーで売っているというから驚きである。因みにオセアニアのニュージーランドでは真鯛はスナッパーと呼ばれていて魚屋にも並ぶほどの人気の魚だが、自然環境にうるさいお国柄、チビや木っ端はリリースが義務付けられていて外国人の自分等が入れ食いを楽しんでいるとリリースしろと注意される。

ともあれシロギスってマジで美しい。

シロギス

「渚の貴婦人」なんて呼ばれるが、細くて透き通った肌、ピンクとも薄紫ともとれる控えめでほんのりとした化粧は「大和撫子」のお手本のよう。スーパーでは干からびた解凍モノのヒラキを見かけるが、あんな物とは比べ物にならない。

シロギスにますます惚れました。

キャンプの忘れ物

夏休みに釣りを兼ねて南伊豆でキャンプしてきた。
IMG_5862

テントの設営も慣れてきて、最近はいかに楽に快適に過ごすかを考えている。
今回は釣りをメインにしたので南伊豆の入間キャンプ場を選んだ。

流石に湘南とは違って水がきれい。きれい過ぎて魚がいないのが良く分かる。

IMG_5865

まさに「水清ければ魚棲まず」で昼間の港内は魚影が確認できない。
夜釣りでは一度大きな当たりがあったものの、釣果には至らなかった。
ここでの釣果は動画を見てほしい。

キャンプは持ち物が多くてつい忘れ物をしてしまう。昨年はなんとテントのパーツを忘れてテントを設営できないというトンデモハプニング。今年はそんなことが無いよう確認を怠らず無事設営できたが、今回はあろうことかフカセの竿を忘れてしまい、仕方なく車に積みっぱなしにしていたサビた拾い物のルアー竿を使っての釣行となった。

なかなか思い通りに完璧にいかないのがアウトドアである。

面倒くさがりのお父さんがキャンプを長く続けるために

お父さんには二つのタイプがいる。
家事についてマメなタイプとそうでないタイプ。
自分は、明らかに後者。釣った魚を捌いたり、数週間に1-2度気が向いた時だけキッチンに立つものの基本的に家事は人任せ。

そんなものぐさなタイプのお父さんがキャンプを長く続けるには「テキトー&簡単」なのがベター。

キャンプというと薪で火を起こし、ハンゴーでご飯を炊いて、炭火でバーベキューとカレーと意気込んでしまいがち。
でも、そうすると荷物ばかりが増えて朝から晩まで炊事と火の始末に追われてしまうし、夏場の生鮮食品の管理も大変。
自然の中での不便な生活をあえて体感することが目的のキャンプならいいが、他に目的があるならその部分は楽にしてもいい。そうでないとテントの設営など最低限の作業はあるので疲れてしまう。

自分はサバイバルな原始生活をしに来ているわけではないので、自然を適度に堪能できればいい。だから炊事はできるだけ楽にしたい。キャンプを始めた最初の頃は1日目の昼飯はバーベキューで夜はカレー、2日目の朝は前日のカレーで、昼は焼きそば・・と意気込んでいたが、周囲のベテランキャンパーを見てると、レトルトやお惣菜、コンビニフードなど調理不要の食品を上手く組合せていた。

そうか、そうすればいいのか・・と、次第にルーズになり、今回は釣りがメインなのでバーベーキューは無し。釣った魚で味噌汁とご飯を炊いただけで、おかずはインスタント麺とレトルト。これでコンロや炭、バーナー、着火剤や薪、網に調理器具、食材、調味料などから開放されて、その分釣りや磯遊びに専念できたので正解だった。

因みにご飯と味噌汁はカセットコンロを使ったのですが、ここでズボラなお父さん向けに火加減が難しい飯盒を使わずに鍋で簡単にご飯を炊く方法を動画で紹介します。

鍋で炊くとご飯が立って美味しいしです。家でも少しだけ炊きたい時や、炊飯器が壊れた時などにも使えるので是非ご参考に。