月別アーカイブ: 2015年3月

アウトドアは最高のメンタルクリニック

「自然は大きなホスピタル」というキャッチを昔どこかの医薬品メーカーが使っていたが、フィッシングやハイキングといったアウトドアで自然と触れ合っていると、日頃のストレスから開放されて癒される。

心理学者のアドラーによれば、全てのストレスは対人関係によるものだという。不満やコンプレックス、怒りなど心的に感じるストレスは人から齎されるというのだ。だから人から離れ、独り自然と触れ合っているとストレスフリーとなって気持ちがスッキリするのだろう。釣りをしている時はストレスなどまったく感じないし、ただひたすらに竿先を見つめていると10時間もあっという間である。

それでも例外的にある種のストレスを感じる時がある。それは周囲に人がいて、自分より釣果が出ている時や、予想外に道具が破損してしまった時だ。でもそれもアドラー理論に照らし合わせると釣りや自然のせいではなく、対人関係によるものだということに気づく。釣果が気になるのは他の釣り人との比較による劣等や羨む心理であり、道具が突然破損したのもそれを作ったメーカー(作り手)に不満を感じたからで、おまけにアフターの対応が悪かろうなら怒り爆発もありうる。だから反対にもし、誰もいない場所で独りで釣っていたらボーズでも気にならないし、自作の道具なら破損しても自己責任なので不満もない。

どんなに外が寒くても人は静かに耐えるが、建物の中が寒いと暖房が不十分な事に不満を覚える。野良犬に吠えられても気にならないが、飼い犬に吠えられるとその怒りは犬を管理する飼い主に向けられる。

ストレスの原因は人間だいうのは正しい。そして自然は人にストレスを与えない。

「自然は最良のメンタルクリニック」だと思う。
心が疲れたら自然に出かけよう。

風裏でも厳しい時は厳しい

どうも釣行日に限って雨や風の日が多い。
雨は我慢できるが、風は釣りにならないので困る。

今回は南西の風向きを考えて風裏ポイントを選び、真鶴の地磯「鉄棒」にしたのだが・・風は無いものの、
波が高すぎ。。激しく波が磯を叩き、とてもポイントに近づける状況でない。

天気予報をよく見ると波高3mで警報も出ていた(-_-;)
風ばかり意識していて見落としていたようだ。

そして移動したのが真鶴港。湾内は磯と違ってとても静か。
風裏だけど午後からは風速8mの予報なので手早く釣り始めた。

しかしアタリらしきウキの沈みが何度もあるものの、アワセが悪いのかぜんぜん掛からない。
二度ほど掛かったものの、お顔を拝見する前にバラしてしまった。
う~ん・・・これほど条件が良いのにボウズの悪寒。

そうこうしているうちに風が出てきて・・・

manaduru

天気はいいのに、風速10mの突風が・・・とても釣りになりません(>д<) 夕方にはおさまるとの予報だったので一次退散。 4時頃に再びアタック。 するとmebaru2015

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

今年初のメジナちゃん。

日が暮れてメバルもかかり始め、最後にもう一発!

26.5cm良型のメバルが!!暗闇なので写真を撮ってませんが自身の記録更新です。

15時間の長い釣行で疲れましたが、最後は○