月別アーカイブ: 2015年2月

釣った魚が食べていたもの

釣ったメバルを捌いたら、腹からピンクのミミズのようなものが飛び出た。
腸にしては不自然な色と弾力。

寄生虫か?・・・と思ったが、何やら人工物のような質感。

ああ。。パワーイソメ!?

包丁で切って分かった。

パワーイソメを知らない人が見たらエイリアンかと思うかもしれない。

ちっちゃいメバルなのに腹の中に未消化のパワーイソメを入れながら、
青イソメに食い付くとは貪欲な魚である。

何でも釣りたいは何も釣れない

夏場の活性の高い時期にサビキを落とせば、小さな雑魚でもよければ何か釣れる。
でも釣りをある程度続けるとそんなのでは満足できなくなる。

釣れていない人に狙っている魚を尋ねると、大半の人が「特にない。何でも釣れれば」と答える。

でも、それがもっとも釣れない原因であることを、磯でフカセのべテランに説教されたことがある。
釣れている人は、その魚を熟知し、竿から針、エサに至るまで入念に計算されているもので、似た道具で真似して釣れるほどイージーでは無いというのだ。その時は、フカセ釣りの集団の中に割って入ってカゴ(もどき)を投げていたので、今思えばそれだけで煙たがられた訳だが、内心怒りながらも親切に釣道を教えてくれたことは有難かった。

確かにそうである。以前、高齢のキス狙いの釣り師たちがボウズになっている中で、一人だけシロギスを爆釣している青年がいた。聞けば彼は年中キスばかりを狙っているという。

ビジネスと同じで餅は餅屋。何でも釣りたいと曖昧な仕掛けとノウハウでは本命は釣れないようだ。

 

風が強い日でも釣れるのか?

風の強い日は釣れない。と再確認させれた釣行でした。
今まで風速5mを超える日は全敗です。風速5mというのは波止にある釣具などが飛ばされる強さですが、仕掛けは飛ばずに絡まるし、フカセだとコマセも散って飛ばない。おまけに魚も浮いてもこない。

そういう日は人も少なく、釣れている人はごく稀ですが、それでも釣れる人は釣れる。実際、風速10mを超える突風が真向いから吹き荒れる中、グレを釣り上げている若いカップルを見たことがある。

でも、自分はどうもゲンが悪い。

それなら行かなければいいのだが、週一回の休日釣行では日を選んでいられないし、風は沿岸と内陸では違うことが多く、前日の予報でも正確な予測が立たない。現地に行って釣り人が居ないことに気づくも、コマセも用意しているので釣らないで帰るのもね。。

先日は気温3度、風速7mの向かい風の中、震えながらキャスティングしたが釣りにならず。打ったコマセは自分に帰ってくるし・・・雨が降ってきて(これは予報通りだが・・)、最後に竿まで折れて散々。

で、他に釣人はというと・・・いませんでした。

やっぱそういう日は行ってはいけませんね。