真夏のヘチ釣りで奇跡が起きた

黒鯛日和な湘南

西日本で大変な豪雨災害をもたらした後の湘南は、好天が続いたものの風が強く、潮も濁りぎみでシロギス釣りには不向きな日が続いていた。

その日は市街地で既に幟が勢いよくはためいていて風が強そうだった。
釣具店でも「最近はシロギスはほとんど釣れてない」という。
それでも日を選べない休日釣り師は無理して海へ向かった。

 

すると、やはり風が強く、潮も濁って釣りにならない。2~3投して早々に撤収。
こんな日は何を狙うのがいいのか、竿を出している人を見てると黒鯛が釣れている。
しかも、かなり型が良い。釣法はヘチとか、前打ちと呼ばれるガン玉と針だけのシンプルな落とし込みだった。タックルは太鼓リールと呼ばれる専用のリールが唯一の特徴。

自分はあまり黒鯛に縁が無いことは以前書いた。
しかし、それゆえ黒鯛への憧れも強い。

釣っている人の様子を観察し、

よし、「来週はヘチで黒鯛釣りだ。」と太鼓リールを買いに釣具店に向かった。

 

ヘチ釣り初挑戦

次の週、勇んでポイントへ向かった。
気象状況は先週と同じだった。これでベタ凪で澄み潮だったらガックシ。シロギス釣りの方がいいわけだが、同じ条件だったので期待度はMAX!

 

早速、事前に採取したイガイを付けて落とし込んでみたが反応が無い。
いままでコマセで魚を寄せるフカセ釣りでもなかなか釣れなかった黒鯛だけに、やはり貝ひとつでそう簡単に釣れるはずもないよな・・・となかば諦めながらポイントを探っていると。。

 

いきなり年無し50UP

来ました!

しかも、50cmの年無がいきなり食ってきた。
イガイを落とし込んだだけの簡単な仕掛けで自己新記録をあっさり更新してしまい、あっけに取られた。

そして、何と、さらに47cmも続いた。マジか・・・・。

 

オイオイ、こうも簡単にあっさり釣れてしまうと、次は60しか無いではないか。。

40オーバーの黒鯛は数年前に1度上げただけ。黒鯛はトータルで2~3匹しか釣ったことがない。

今までの苦労はなんだったのか?

お金を掛けて大量のコマセを撒いて苦戦したフカセ釣りがバカバカしく思えるほど、あっけなく簡単に黒鯛が釣れたヘチ釣りは衝撃的だった。

 

真夏のヘチ釣りで奇跡が起きた」への2件のフィードバック

  1. るぴん

    はじめまして。
    神奈川に住んでいるのですが、1年前から黒鯛を釣りたくてヘチ釣りやフカセ釣りやチニングなどやっていますが未だボウズです。。

    場所は江ノ島の表磯や城ヶ島や平塚でやっているのですが本当に釣れません。。。
    今回のヘチ釣り記事をを見てまたヘチ釣りやろうかなと思います。
    もし良かったら今回の釣り場の情報を教えていただきたいです。
    よろしくお願い致します。

    返信
  2. 管理人@2SHY.net管理人@2SHY.net 投稿作成者

    コメントありがとうございます。
    場所については残念ながら公表することはできません。
    でも動画を見て頂ければ地元であればわかると思います。

    釣りは場所が重要ですが、気象や時期、餌もポイントです。
    釣りたい魚がある場合は、あちこち行くのではなく、場所を絞って足繁く通って
    その場所の特徴を知るのが一番近道です。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です