奥の深いブッコミ釣り

昨夜の釣果はわずかハゼ1匹。
ウナギ狙いだから(今回も)惨敗である。

ハゼ

いつものベテランも渋いようで、「今日は潮が悪い」で帰ってしまった。
時計の針は9時半を回り、自分も粘っても釣れそうに無いのでそろそろ納竿かと思っていた矢先のこと。

近くで釣っていた親子の釣果に度肝を抜かれた。
50cmはあるクロダイを筆頭に40cmオーバーのキビレ、そしてウナギ7匹を上げる強者だった。

「どう?釣れてる?」

「いえ、まったく・・・」

「ええ!?ホント?おかしいな、今日は潮が良くないけどそこそこ釣れるはずだよ。」

「・・・・」

そんな会話の最中にも鈴が鳴る。

「何が違うんでしょうか?」

「エサだね。あと投げる場所かな」

強者曰く、適当に投げてもダメで、魚の居る場所を考えながらリールを巻いて川底の様子を感じ取るべきなんだそうだ。
エサはベテランも使っているので、変えたところでああは釣れないだろう。やはり投げる技術が大きいようだ。まだまだ修行が足りないと改めて痛感。

親子が帰った後もキャスティングの練習をしていたら、時計の針は2時を回っていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です