三大メタボ病【糖尿病・高血圧・高脂血症】からの脱却 エピソードⅠ「死の通信簿」

ヤバイ・・・マジでヤバイわ。
高血圧

8月下旬、5年ぶりに健康診断に行って血圧の数値を見てビビった。昼間にも関わらず上が「144」で下が「93」とぶっ飛んだ数値だった。
もともと血圧が低めの俺が高くなり始めたのは数年前。血圧は朝起床直後が高いことが多く、見逃されがちな『隠れ高血圧』という話を聞いて起床後チェックしたところ、140超えしていて衝撃を受けた。でもその後はそんなことをすぐ忘れ病院にも行かなかったが、久々に受診したらこの有り様。

写真の数値は検診の翌日の朝に記録したもので、ビビって血の気が引いた。それ以降、ほぼ毎日軽いジョギングとウォーキング(30分~60分)を朝夕続け、NHKの「ためしてガッテン」で話題になった『ハンドグリップ法』も試した。

すると効果絶大!?と言えるかは断定できないが、いきなり始めて次の日から上(収縮期)の数値がなんと「128」に下がったではないか♪気を良くして継続し、その後は時々140を超えてしまう日もあれば120台の時もあるものの、平均して「130台」をキープしており、76kgあった体重も73kgに落とせている。

だが9月下旬、遂に恐ろしい検査結果が郵送されてきた。以前から「高脂血症」「肝機能障害」と診断され、動脈硬化も指摘されてはいたが、今回はなんとそれに加えて「糖尿病」「高血圧」が付け加わってしまった!生活習慣病フルコースである。しかも眼底出血」も見られるという。まさに死のロードの王道を突き進んでいる事実にショックは隠せない。

いったい俺が何をしたというのだ!?自分で言うのも何だが、多少の小太りは認めるとしても、百貫デブではないし、酒も缶ビール1‐2本をたまに飲む程度で、運動もたまにはしている。なのにこの結果はどういうことだ!・・・俺は死ぬのか・・・?

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です