カワウソでリベンジ!初の尺メジナとご対面

東京では桜が咲き始め、海水温も徐々に上がってきた。
気象データによれば相模湾は東から上って15度以上になってたようで、
それならばと小田原付近の手頃な磯に行こうと米神を目指したが・・・。

先客がいるものの、入り口が分からない(´・ω・`)
道路脇の工事をしていたが、ガイドブックの通りの階段が見当たらないのだ。
せっかく早起きしても探しまわっていたら時間の無駄なので、さっさと諦め真鶴に向かった。

先週はカワウソでダメだったので、今回は鉄棒に向かった。
三ツ石のゴロタを歩き進むと北東の風がやや強い。カワウソに戻ろうかと思ったが鉄棒ではやったことがないので無理して入った。
今回は「パン粉釣法」を試したくて、こねたパン粉を針につけてみたがすぐ取れてしまう。
風でハリスが揺れただけでポロっと・・・。水加減で硬さを変えると何とかつくがちょっと怪しい。
向かい風の中、何とかキャストするも飛ばず、すぐ手前の沈み根にすぐかかってしまい釣りにならない。

次第に風が強くなり、簡単に取れてしまう付け餌にも不安が残るので撤収し、先週のリベンジでカワウソに向かう。

時間は7時を回り、先客がいたが聞いてみるとエサ取りばかりだという。
う・・ん今週もセミ・ボーズの予感。。ここでもパン粉釣法を試すもアタリは無い。
だが、離れて釣っている人はすでに何枚か上げていた。

水を含んだ撒き餌は重く、フカセ釣りの機動力の無さは如何ともし難いが、再び釣り座を変えた。
餌もオキアミに変更(パン粉だけに絞れず、別の餌も持っていくところが小心者)

すると・・・

 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

いきなり初の30cm!

グレ メジナ

グレ
メジナ

産卵前のまるまる太ったメジナをゲット!
その後も良いあたりが連続し、尺クラスを5枚あげた。

久々の大満足な釣果。

でも実は真鶴は来るつもりではなかった。
というのも前日の気象データでは真鶴だけ水温が上がっていなかったのだ。
だから釣りにいくなら水温が上がった東部の江ノ島あたりの磯でやろうかと直前まで迷っていた。
しかし誰に聞いても江ノ島は渋いという噂と、パン粉釣法を試したいこともありグレの多い西湘に向かい、結局行ったことのある磯となった。

パン粉釣法の検証はエサ取りが湧いている活性が高い時期に再度挑戦してみたいと思う。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です