「無料」という言葉のウソ

タダより高いものはない

「今なら3ヶ月無料!」

「1ヶ月お試しキャンペーン!」

巷にあふれる安さや無料を謳う甘い言葉で客を釣るキャッチ。

昔から「タダより高いものは無い」という使い古された言葉がある。

知らない人はいない格言だが、ついつい規約も読まずに契約してしまう。

 

言葉のマジックでごまかすネットサービス

この一定期間無料というフレーズは、

物販ではない無形のネットサービスには特に注意が必要だ。

ホスティングサービスやアプリなどの通信系が特にヤバイ。

3ヶ月無料というと、本契約しても有効だと多くの人は思う。

例えば、

1月に仮登録して3月に決済して本契約をしたとすると、

次回の更新(支払い期限)は3月だと思うだろう。

しかし、多くの場合、更新の期限は1月なのだ。

 

「え!? 3ヶ月無料というのは?」

ここで気がつく。

 

3ヶ月無料というのは、3ヶ月以内で使用を止めて本契約をしなければ

費用はかからないという意味なのだ。

実際、これは無料とは言わない。

 

本契約後の解約の時に3ヶ月遡って返金されるとか、

本契約時に3ヶ月分差し引いて請求がされるならいいが、

決してそんなことはない。

 

本来なら「3ヶ月での中途解約は費用を頂きません」と書くべき。

明らかに契約事に疎い人を手玉に取る姑息な騙しのテクニック。

 

言うまでもないが、この手のサービスでは無料解約できる期間内では、

その恩恵に預かるようなものはなく、サービスに慣れるだけで終わることが多い。

 

甘いキャッチに飛びつく前に、

そのあたりを確認したほうがいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です