釣り中の攣りには

釣りの攣(つ)り

釣りをしている時に手足が攣ることありませんか?

自分は釣り始めて4時間くらい過ぎると、手の親指、人差し指がこむら返りの様に攣って釣り糸が結べなくなったり、ガン玉を付けられなくて困ることがあります。足場の悪い荒磯などでは8時間を超えたときは脚も攣ります。

 

水分不足が原因

原因は水分とミネラルの不足と思われます。釣りに夢中になって何時間も水分を摂らないでいることが多い時に生じます。

 

寒グレ釣りは要注意

磯釣り師は熱中症の危険のある夏場より涼しくなる秋冬の方が要注意。中高年は喉の乾きを感じるのが鈍いため水分不足に陥りやすく、寒い時は8時間近くまったく水分を摂らない日もありました。そういう日はなぜか尿意も感じないため、早朝から夕方まで1回も小便をせず、体内の水分も少なくほとんど汗になっている極限の状態でした。

フカセ釣りのような忙しい釣りは熱中すると飲食をしなくなるので特に注意したほうがいいでしょう。

 

予防にはポカリスエット

予防はとにかく水分をこまめに補給することと、できればポカリスエットのようなスポーツドリンクを合わせて補給すること。自分はこれで随分改善しました。

釣りの最中に失われるのは水分だけでなくミネラル(電解質)なども失われています。電解質は筋肉細胞や神経細胞に影響を及ぼすため、欠乏すれば手足が攣ることも合点がいきます。

因みにお茶類も良いのですがカフェインは利尿効果があるため逆に水分が失われる危険がありますので、できれば炭酸水などのほうがベターです。

 

尿の色をチェック

本牧の釣り施設のトイレには尿の色で水分補給を促す注意書きが貼ってありました。釣りは夢中になると炎天下でも水分を摂らない人がいるため、なかなか良い事が書いてあるなと感心したものです。尿の色が濃かったら要注意、すぐ飲み物を補給しましょう。

 

それでも攣ってしまったら

釣りバカはそれでも攣ってしまうことがあります。荒磯の足場の悪い不安定な場所でバランスを取りながら長時間緊張した釣りから帰ってくると、脚がこむら返りを起こして膝から下が締め付けられるような痛みに襲われます。

このような時はスポーツドリンクを多めに補給するだけでなく、湿布を貼ると効果的です。

 

磯釣りは荷物が多くできるだけ荷物を減らしたいところですが、ペットボトルの水は多めに持参しましょう。

昔話はネガティブ思考

光陰矢の如し

中高年になると年月の経過がとにかく早い。
でも、これは単に毎日がバタバタしている内に時間が過ぎ去ったというだけではなさそうだ。

なぜなら10代、20代の頃はあまり意識しないのに歳を重ねるごとに強く感じるようになるからだ。

その理由を考えてみた。

 

過去を振り返るからだ。

 

アルバムや古い日記、ホームビデオを見て過去に想いを馳せたりするのは30歳を過ぎてアラフォーになると増えてくる。

若いうちは毎日がアクティブに動いて、過ぎ去った時間もまだ短いため過去を振り返る余裕も無ければ興味もない。だが40を過ぎて人生の折返しを迎えると、これまでの人生や思い出を掘り返すようになる。

だから人生残り少ない大半の高齢者は昔話しかできない。

しかし、歳をとっても若々しい人は後ろを振り向かない。常に前進あるのみで思考がポジティブだ。逆に過去に思いを馳せたり、時の早さを感じるなどノスタルジックな気分に陥ると思考がネガティブだといえるかもしれない。

 

「昔は〇〇だった」

若者が年配者と会話をして違和感を感じる言葉に「昔は・・だった」というのがある。

年配者は単に懐かしんだり、教訓として使う訳だが、若者は知らない時代の事を偉そうに聞かされても鬱陶しいだけだ。所謂ジェネレーションギャップをあぶり出したに過ぎない。

若年者と話をしていてこのフレーズが口を衝いてしまったら要注意。
若者と付き合うなら使ってはいけない。

今年はイナダの当たり年

回遊魚の当たりとハズレ

回遊魚はその場に居着く魚と違って当たり外れが大きい。
回ってくれば誰でも釣れるが、そうでないとスカだ。

その意味で今年はイナダ(ワカシ)の当たり年なのではないか。
東京の若洲から伊豆にかけてどこでもワカシ、イナダがじゃんじゃん釣れたのが一昨年前。
昨年はその落差が大きかったが、今年はその時ほどではないもののそこそこ釣果がでている。

 

その一方、ソウダガツオが寂しい。

実はまだ釣った事がない。
「マル」だの「ヒラ」だの、どちらでもいい。

今年こそはと思って釣行しても「最近は見ない」「夏頃で終わった」と声を聞くと今年もダメかと諦めモード。

しょうがない、近い将来「イナダも昔は釣れたんだけどね~」なんて事になるのもやしれんので、
今のうちに釣れる魚に集中しようと思っている。