最も悔しい釣行

釣果は場所でほとんどが決まる。

同じ場所に通い続ければ自ずとポイントが分かってくるが、初めての場所でも見定められるのが上級の技術といえる。
しかし自分にはその技術が無いから、ひたすらネットや釣具店で情報を集めるしかない。
だが、今回の釣行はあまりに遠方で、しかも急遽の渡船だっただけに情報が少なすぎた。

その結果、今までで最も悔しい結果となってしまった。

急遽の予定変更

場所は兵庫県淡路島の離島「沼島」
当初は沖に突き出たメガフロートという管理釣り場でアジでも狙う予定だったのだが、釣果が芳しくないということで、黒鯛が数釣れているという沼島への渡船に変更した。

誰でも二桁狙えるほど釣れていると聞き、それなら黒鯛に縁の薄い自分でも釣れるのではと期待して行ったが結果は惨敗だった。

 

情報不足の沖磯

船長の言われるままに降ろされた磯には自分以外は二名の常連。
初めての知らない場所なので、自分はとりあえず深さのある船着き場に釣り座を取り、常連は自分の左右に構えた。

黒鯛が最初にヒットしたのは自分だったが、バラしてしまいそれ以降は黒鯛のアタリがまったく無くなった。常連たちは長らく竿が静かだったが、最終的には各3枚上げた。これはこれで悔しい。

 

規則違反の地元師

しかし、それだけなら、まあ仕方が無いと諦められたのだが、問題は途中からやってきた地元師の爆釣を見せつけられたことだ。

自分たち三人が苦戦している最中に背後の崖からロープを伝って降りてきた老齢の地元師は、奥まった浅場に釣り座を取ると、我々の貧果を尻目に黒鯛をバンバン釣り始め、挙げ句はなんと50オーバーの石鯛まで釣り上げたのだ。しかも1.5号の細ハリスでである。

自分が貧果を嘆いていると、
「沈み根がある、お宅のいるそこが一番良いところなんだけどね~」と言う。

それでまたしばらく粘ったが、いよいよ我慢できずに地元師より奥の釣座に移動しようとしたら、
「そこは浅いからだめだよ。」と助言めいたことを言ったので諦めたが、実はウソだった。

 

釣りは情報戦

後から別の磯で釣っていた常連に聞いたところでは、その地元師の場所が一番良い場所だったという。しかも、地元師が地伝いに降りて来たのは規則違反で、そこでは渡船の客以外は竿を出してはいけないことになっていたのだ。

「そんな奴、追い出せばよかったんだよ」とは常連。

時既に遅しである。

地元師は、いかにも空いていた場所にしょうがなく入釣したように振る舞っていたが、
内心「こいつら、何も知らね~んだな。へへへ」とほくそ笑んでいたに違いない。

 

地元師が来なければ釣座を変えて自分がその釣果にありついたかもと思うと残念でならない。
気軽にリベンジができる場所でない故に悔しくて仕方ない。

反抗期と更年期

性ホルモンと反抗期

子供の自立の兆しとも言われる反抗期。
ちょっとしたことでキレたり、、無気力だったりと精神が不安定になる時期。

先日、この反抗期は性ホルモンが関係しているとテレビで報じられていた。

子供の反抗期は体内の作用に起因する症状だから、
親は温かく見守りましょうという。

 

更年期と思春期

ん?それって中高年の更年期に似ているではないか。
更年期障害は女性が閉経前後に顕著になると言われるが、少なからず男性にも起こる症状だ。

晩婚化が進み、子供が反抗期になる小学校高学年から高校生になる時期に、
時を同じくして親も更年期を迎えることが多い。

すると、体と精神が不安定な更年期の親と、触るもにはトゲを刺す思春期の子がぶつかり合うことになる。

 

晩婚化と家庭不和

大らかな広い心で子供の反抗的態度を受け止めなければならないのに、
親もストレスを子供にぶつけ様になる。

最悪だ。

殺伐した家庭になること間違いなし。

 

若いうちに子育て完了

これを避けるには早く結婚して子供も早くつくるしかない。

昔のように二十歳前後で子供を作れば、更年期を迎える前に子供は反抗期を終えるから・・。

 

家庭は円満?

「無料」という言葉のウソ

タダより高いものはない

「今なら3ヶ月無料!」

「1ヶ月お試しキャンペーン!」

巷にあふれる安さや無料を謳う甘い言葉で客を釣るキャッチ。

昔から「タダより高いものは無い」という使い古された言葉がある。

知らない人はいない格言だが、ついつい規約も読まずに契約してしまう。

 

言葉のマジックでごまかすネットサービス

この一定期間無料というフレーズは、

物販ではない無形のネットサービスには特に注意が必要だ。

ホスティングサービスやアプリなどの通信系が特にヤバイ。

3ヶ月無料というと、本契約しても有効だと多くの人は思う。

例えば、

1月に仮登録して3月に決済して本契約をしたとすると、

次回の更新(支払い期限)は3月だと思うだろう。

しかし、多くの場合、更新の期限は1月なのだ。

 

「え!? 3ヶ月無料というのは?」

ここで気がつく。

 

3ヶ月無料というのは、3ヶ月以内で使用を止めて本契約をしなければ

費用はかからないという意味なのだ。

実際、これは無料とは言わない。

 

本契約後の解約の時に3ヶ月遡って返金されるとか、

本契約時に3ヶ月分差し引いて請求がされるならいいが、

決してそんなことはない。

 

本来なら「3ヶ月での中途解約は費用を頂きません」と書くべき。

明らかに契約事に疎い人を手玉に取る姑息な騙しのテクニック。

 

言うまでもないが、この手のサービスでは無料解約できる期間内では、

その恩恵に預かるようなものはなく、サービスに慣れるだけで終わることが多い。

 

甘いキャッチに飛びつく前に、

そのあたりを確認したほうがいい。